fc2ブログ
<<03  2024,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
JR東日本が紀ノ国屋を買収
昨夜、インターネットのニュースでJR東日本が紀ノ国屋の全株式を買収し
4月から完全に傘下に入れるという一報を知った時は仰天しました。

紀ノ国屋買収のニュース

東京の青山に本社を持つ紀ノ国屋は高級スーパーの代名詞。
レジの導入もチーズの空輸もすべて紀ノ国屋が発祥で
私たちのお取引先のスーパーも紀ノ国屋の薫陶の元に
「安全とおいしさ」をモットーに成長した会社が多生産者に
とっても遠い目標となるカリスマ的な存在です。

報道によると「駅ナカ」など鉄道事業以外の収益を伸ばしたい
JR側の意向によるも買収だそうです。何といっても紀ノ国屋の
ブランド力は食の世界では偉大でしたから。

但し、遠くから見るだけでしたが憧れつつもこの10年の
紀ノ国屋は微妙に、組織の硬直化と時代から微妙に遅れている
印象をを感じました。
例を挙げると

 ① 商談は決められた日に上京してやらねばならない

 ② 紀ノ国屋のパンは取引先でもみかけたが、ショートニング
   などを使った普通のもので最近の天然酵母パンなどの
   健康志向からは流行の遅れ

 ③ 青山本店はレジが二階にあり不便だったしバリアフリーの
   時代についていっていない印象

 ④ 商品が高級だけれど個性がもうひとつ

特に①。地方の小規模な生産者でも個性ある野菜や加工品を
作っているところは多いですが、上京しての商談が難しいことも
あり、バイヤーがどんどん地方に出向くフットワークの良さが
魅力委ある売場に欠かせません。この点紀ノ国屋や同じように
以前に買収になった成城石井や明治屋もいささか殿様商売を
感じました。

昨日尊敬するバイヤーにこのニュースのことでメールをしたところ
「驚いたけれど大手流通による買収でなくてよかった」と
返事があり、なるほどと思いました。セブンアンドアイによる
買収なら紀ノ国屋の看板は残っても食文化が植民地化されるでしょうから。

駅ナカがブレイクするずっと以前からJR東日本の品揃えは魅力的な
ものがありました。英国の石鹸クラブツリー&イブリンも出会いは
東京駅の駅ナカでしたから。紀ノ国屋の文化を守りながら良い
合併だったと思われるような結果になるよう祈念しています。





スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる