fc2ブログ
<<03  2024,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
農業近代化資金
連載記事の中で開業資金として農業近代化資金のことに触れました。
チーズ工房建設のために1000万円を近代化資金として借入れましたが
これについては既に完済しています。

現在近代化資金は数年前に飼料用トウモロコシ刈り入れのための機械を
200万円ほど借りあと2年で返済が終わります。

農業近代化資金

ところで、↑のサイトを読むと条件を満たせば近代化資金を借りられる印象を
持ちますが、ここ数年、農林中金も相当貸し倒れがあったようで融資の条件が
厳しくなり、借入れた後も返済が約定どおりに行われていても、財務状況の
報告など非常に厳しくなりました。

去年あたりからJAから直近の決算書の提出が求められるようになりました。
これはどの農協も同じ事をしていると思います。
私たちは返済の引落しができなかったことは一度もありませんがそれでも
借入後でもこのような状況なので、新規で千万円単位の近代化資金を借りるには
かなり厳しい審査がなされ、場合によっては借りられない人も出ると思われます。

これは想像ですが、JAが窓口になる以上

 ① JAからの購買代金(飼料や資材費など)が何度も口座から
   引き落せなかったり、赤字になるので購買代金の分割払を
   せざるをえない農家

 ② 国民年金や健康保険税その他税金の滞納がある

 ② メインの口座以外に個人名義の通帳がある場合、本業の口座は
   赤字ではなくても個人の通帳の方でカード決済ができなかったり  
   カードなどでトラブルを起こしてしまう

などがあれば審査で落ちる可能性が高くなります。

編集者と打合せながら気がついたのですが、外部の方は「認定農業者なら
チーズの製造をしたいと思って申請したら融資を受けられる」ことを
疑っていないのでは、と気になりましたので記事として書きました。

融資要件が厳しくなっているのはどの業種や金融機関でも同じで
農業も同様です。それだけに加工をやりたいと思うならまず
足元の本業’私たちなら酪農)の経営を安定させておくべきです。
くれぐれも加工をして本業を立て直すなどの一攫千金を
夢見るような皮算用をしないことが肝要です。

チーズ工房の夢も本業の安定がまず第一歩です。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる