<<05  2012,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事実上容認へ
15%の電力不足が懸念される関西。ついに橋下大阪市長はじめ滋賀県知事なども
大飯原発の再稼動を事実上容認です。


大阪市の橋下徹市長は31日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働
について、「基本的には認めない」としていた前日の発言を翻し、「事実上、容認する」
と明言した。ただ、「期間限定(の再稼働)は言い続けていく」として、秋ごろをめどに
運転停止を求める考えを示した。   (毎日新聞)

                  
私は大多数の国民と同じように長期的には原発は廃止して代替エネルギー
に変えていくことが必要だと思っていますが、去年の三月の計画停電の
経験者としてこの「事実上同意」で期間限定にしろ大飯原発が再稼動して
安定した電力が供給されるかもしれないという報道にはほっとしています。

私は一庶民でしかないので、瑣末なことしか原発問題についても考えられないのが
申訳ありませんが、もし猛暑の状態で計画停電などという事態になれば
産業云々などのこと以前に人の生死や生活崩壊に繋がると本気で心配して
おりました。

去年の三月の三時間の計画停電も本当に辛い記憶で(原発の必要性を喧伝するための
謀略だという一部の意見はこの際スルーします)人生のトラウマの一つにまでなっています。
早朝の停電に間に合わせるために朝三時から搾乳し、夕方5時半からの停電の時は真っ暗な
中で蝋燭を立てての夕食でお風呂にも入れず。あれがまだ肌寒い季節でしたからコンビニも
停電中でもお弁当を売れましたが、猛暑の中で三時間など停電されたら食品売り場など
阿鼻叫喚ではないでしょうか。関西など酪農家が牛乳を出せなくなる心配もあります。

原発は反対という人間のなかでもあの半月近くに及んだ計画停電を経験しているか
否かで真夏の電力不足への受止めもかなり違うものになっていると思います。
結局、橋下知事もこのあたりを考慮の末の「事実上、容認」なのではないでしょうか。
批判もあるでしょうが、政治家として当然の判断だと私は評価します。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。