<<05  2012,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーパーマンになる必要なんかない
以前からの読者の中にはここ二年ほど、私がしおりやパンフレットやデザインに
関心を集中させていないと気づいている方もおられると思います。

その通りでまだ作ったしおりの在庫があることもありますが、特に去年からの
震災~原発事故の影響もありとにかく安全性を証明して風評被害を受けないように
することや、牛に安全な飼料を与えて健康に飼養することに精一杯でデザインなど
いわばオプション部分には当面メインの力は注げないと思います。

大手企業のように製造部門、営業部門、さらに広報や経理と担当者が分かれていれば
それぞれでいつもベストな力を発揮できると思いますが、一人で何役もこなす
家内工業では最優先課題に力を注ぐことが一番安全で美味な製品をコンスタントに
製造できるように思います。

私が言うのも傲慢ですが、仕事に限らず人生は「すべて全力投球!」と頑張りすぎない
コツを会得することも大切だと思います。その時々の優先順位を見極めて体力気力ともに
ある程度余裕を残してというやり方で仕事や勉強をしないと、いずれ無理がきてどこかが
破綻してしまうように経験上思います。特に職住一体の自営業主婦は欲張り過ぎない
ことが大切です。

息子の教育に関しても同じく。理想は勉強もできて特に男児ならスポーツもやり
さらにピアノなどもやりでしょうが、以前書いたように去年の小学校入学を期に
習い事は週二回の学研教室の塾だけにしました。私自身の身が持たないしゆとり
教育も終わりまして中学受験をするとなると、友達とも時々は放課後遊ぶことを
考えるとあれこれお稽古事はできません。無理をしない効果はてきめんで息子は元気に
登校し勉強も既に塾では二年生ながら三年生の算数の大半をマスターしています。

スーパーマンになる必要はない。これが私の人生訓です。
限られた能力という資源は大切に使わなきゃ。

血は争えないもので、昨日授業参観に行ったところ、生活科の体験発表で
いまひとつ手を上げていなかった息子。聞いたら「算数や国語では手を上げまくりだよ。
生活科は算数や国語ほど気合が入らないんだよ」とのこと。
息子は要領がいいです。血筋なのか私の教育なのか。(笑)
スポンサーサイト
北出明 「命のビザ、遥かなる旅路」
朝日新聞で100文字感想文を募集しておりその課題図書の一冊になって
いるのがこの北出明氏の近著「命のビザ、遥かなる旅路」です。
著者は長年旅行会社JTBに勤務された方で、有名な杉原千畝氏が本国の
命令に背いてリトアニアで発行した「命のビザ」で救われたユダヤ人たちの
その後の人生や、当時どのようにして日本を経由してアメリカなどに渡ったかを
老齢になったユダヤ人たちへの取材しながらこの本を執筆されました。

4330291126[1]

私も早速読みましたが、杉原氏の勇気はもちろんですが、ロシア経由の船舶で敦賀などに
たどりついたユダヤ人たちへ当時の日本の市井の人々が、温かく迎えたことなど
日本人として誇りになる当時の貴重な資料を見ることができました。
多くの子供や孫に恵まれた現在の「杉原チルドレン」のインタビューを見ていると
改めて当時の日本の良心というものが胸に響きます。

但し、難をいえば内容的には申し分のない一冊ですが、プロの作家の手によるもの
ではないので多少構成や表現が冗長で心に響くインパクトが弱くなっているのが
残念ですが、高校生以上であれば十分に読みこなせる内容なので10代から手に取る
ことをお勧めします。

長い間、杉原千畝氏のことは日本では忘れられていましたが、イスラエルでの顕彰や
外国での評価を受けて1990年代から日本でも杉原氏の功績が正当に評価されるように
なりました。児童向けの本も出されていますが、個人的には二宮尊徳の伝記より
子供に読ませたいのは杉原氏の伝記です。

ユダヤ人への迫害、ナチスの収容所、ドイツとの同盟、杉原千畝氏のことを子供に
伝えるにはさまざまな酷い歴史のことを子供に伝えなければなりません。
表現には細心の注意も必要ですが、息子もかなり世界の国の名前を覚えた現在
今年の夏休みの終戦記念日前後に息子に児童書を通し、杉原氏の命のビザのことを
伝えておこうと思っています。

命令に背いたビザの発行が影響して戦後まもなく杉原氏は外務省を去ることになりました。
長年、彼のことを冷淡に黙殺していた外務省ですが2000年に当時の外務大臣河野洋平氏の
時に公に名誉回復がされ現在は外務省にも杉原氏の顕彰碑が建てられています。
当時の河野洋平氏の国会でのスピーチはとても素晴らしいものでここに紹介しておきます。

これまでに外務省と故杉原氏の御家族の皆様との間で、色々御無礼があったこと
御名誉にかかわる意思の疎通が欠けていた点を、外務大臣として、この機会に
心からお詫び申しあげたいと存じます。日本外交に携わる責任者として
外交政策の決定においては、いかなる場合も、人道的な考慮は最も基本的な
また最も重要なことであると常々私は感じております。故杉原氏は今から六十年前に
ナチスによるユダヤ人迫害という極限的な局面において人道的かつ勇気のある判断を
されることで、人道的考慮の大切さを示されました。私は、このような素晴らしい
先輩を持つことができたことを誇りに思う次第です。

       2000年10月10日の河野洋平外務大臣による演説


誰からの収入で食べてるの?
今日は厳しいことを書きますのでご容赦を。
誤解しないでいただきたいのは、私は個人がどの産地の食材を買って食べようが
それは自由なことでそのことを批判するつもりは毛頭ないということです。

先日、久々に埼玉から酪農家仲間が来てくれて楽しく有意義な時間を過ごしました。
その繋がりで実際に何回か仕事を依頼したこともある削蹄師の奥さんのブログを
本当に久々に開きました。この奥さんも会ったことがあり、ご主人の仕事とは別に
書いている自身のブログを教えてくれたのも彼女自身です。いささか教育観に
相違を感じ距離は置いておりましたが。

久々に読んだ彼女のブログには西日本食材というカテゴリがあり群馬も含め
自分が買い物に遠征しているスーパーにどのような西日本の食材があるか
店ごとにタイトルをつけた日記を現在も書いていました。
群馬の店の中には私たちの取引先もありました。牛乳も彼女は島根産や鹿児島産のものを
選んで他県に遠征してでも購入しているようです。そしてお子さん方には小学校や保育園で
牛乳は残すように言っていると得意気に書いてありました。

いわゆる放射脳(放射能でないことに注意)ママがこんなに身近にそれも何回か
牛の削蹄までお願いした方の奥さんがそうだったということは本当にびっくりしました。
最初に書いたように、個人が何を食べようがまったく自由ですがこうやってブログの
公開記事で東日本のものは危ないと今だに書き続ける人間がすぐ傍にいたことは
ショックでした。

根拠のない不安を煽る記事は素人でもご法度ですが、いくら自分の夫の職業を
明かしていないといっても、彼女が子供に残すように言っているという地元の埼玉や
ご主人に仕事を依頼している関東の酪農家からの収入で生活している人間が
こうやって東日本の農産物や牛乳までも貶めていることは私は感情的に受け入れる
ことができませんでした。
茨城の白菜のことは「買えるか!」とまで貶めてこうなると人格を疑います。

厳しいかもしれませんが、いくらご主人の職業と自分の主婦ブログは別だと
思われるかもしれませんが、特にご主人が関東以北の農家からの収入で食べている方
(例えば農業機械の会社や肥料会社など)や中立であるべき公務員(特に農政関係や
家畜保健所関係の)ご家族はネットであからさまに東日本の農産物を危険だと煽り
貶めることはモラルに反すると思います。
嫌な古めかしい言い方ですが「誰からの収入で食べてるの?」と問いたいです。
削蹄の仕事は欲しい、だけど子供には地元の牛乳は給食でも飲ませない。
ちょっと身勝手すぎではないですか?

今年も友達繋がりで義理があるので削蹄依頼をしなければならないかな
と思いましたが奥さんブログを見てやめました。私がたまたま気づいただけも
しれませんが苦労して得た収入から払う削蹄費はまともなモラルの
人間に払いたいのがせめてもの意地ですから。
お知らせと感慨
現在納品に向けての準備が始まりましたのでお知らせいたします。

近日中にベーベ工房の製品の三越恵比寿店の地下二階食品売場でのお取扱いが
始まります。具体的な納品日が決定いたしましたら改めてお知らせいたします。

百貨店でのお取扱いは現在も数店(伊勢丹相模原店 JR名古屋高島屋)させて
いただいておりますが、東京23区内それも直営店でのお取扱いは初めてのことで
ご尽力いただいたバイヤーさんへの感謝とともに何とも言えない感慨があります。
毎月一回今後もすべてのお取引先に放射性物質の検査結果を公開し、何より
安全で美味な製品を作って参りますのでよろしくお願いいたします。

14年前、ひっそりとベーベ工房のヨーグルトを作り始めたときは地元の
直売所にほんの数本出すだけのスタートでした。
周囲の応援と運によるところも大ですが、一つ一つ容器やデザインも改良しつつ
日々を重ねてきました。私たちは比較的早い時期から高いレベルのお取引先に
恵まれましたが、やはり老舗百貨店の直営店舗となればそれなりの実績と年月を
重ねて初めてご縁が持てると実感しています。このクラスともなるとバイヤーも
視野が広く本当に美味しい安全なものをご存知で、製品の味だけではなく安全性や
リスク管理に関して生産者の能力をよく吟味されるからです。
今回の取引開始に当たっても、去年からおそらく日本でもすべての面でトップクラスの
見識をお持ちのバイヤーと放射能のことや飼料のことなど実際にお会いして
何度もご教示をいただいてきました。それだけに取引開始にあたり特別な感慨があります。

本物と派手ではなくても認められてゆくためには月日の積重ねは必須です。
最近は分野に限らず、手っ取り早くブレイクするためにお金を払ってでも
マスコミで取り上げてもらう方法を取る方もおられますが(評論家の勝間勝代さんが
近著の中で有名になるため人気テレビ番組で特集してもらうために相当な金銭を
使ったと率直に書いておられます。)細くでも長く一定の評価をしていただくには
地味でも日々の積重ねをしてゆくしかないとも感じます。14年はあっという間でしたが
やはり膨大な月日だったとも感じています。これからも日々を真面目に積重ねたいと
思います。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。






スキャンダル
巨人軍の原辰徳監督の一億円もの金銭の絡んだ過去の女性スキャンダル問題。
週刊文春の報道自体には「またか」という感じで驚きませんでしたが、原監督自身が
過去のスキャンダルを認める文書を出したことは少々ショックでした。

読売グループとしては一億円を払った相手が暴力団関係者か否かが重要なのだと
思いますが(個人的には10年以上も前の女性問題を出して億単位の金銭を求める
人間が普通の社会人とは思えませんが)個人的にはいかに有名人でも結婚後の
異性とのスキャンダルは一昔前とは違い決定的に本人のイメージ低下を招くと
感じています。特に原監督は主人も同い年ということで親しみがあるのか夫婦で
現役時代からファンですので今回のスキャンダルは非常に驚きました。

私はガリガリのモラル論者ではありませんが、独身者同士の異性問題はよほどで
なければむしろ微笑ましく思いますが、既婚者の異性問題、有体にいえば不倫がらみだと
とたんにイメージが悪くなります。お互いが情緒知り(わけしり)でスマートな関係で
あればともかく、今回のように金銭問題に発展したり、子供ができて認知問題になったり
結果的に妻を追い出すような形になるとやはり個人の信用問題になると思います。

芸能人だけでなく個人経営をしていると男女問題のスキャンダルが製品イメージにまで
波及して経営を脅かすリスクは十分にあります。いかにきれいごとを言っても不倫は
民法上では立派な不法行為です。そういうことをやってしまう人間にコンプライアンス
だのモラルのある生産活動と言われてもちょっと。(笑)
後ろ暗い関係からは悲しいけれど何も生れない気がします。

浮気は甲斐性などという発想は一昔前のもので現代では通用しません。
自分の人生を自分なりの矜持を持って生きようと思うなら少なくとも
後ろ暗いスキャンダルはご法度です。たとえ有名人ではない市井の人間でも。

乳酸菌の入手について
昨日久々に県外の酪農家の友人から電話がありました。
要件は、去年秋のイベントでのオリジナル牛乳(地元メーカーの委託生産ですが)
に続いて今年はヨーグルトも出したいので試作のためにうちの乳酸菌を分けて欲しい
とのことでした。

彼のことはよく知っているし30代と若くいろいろなチャレンジを応援しています。
ただ、この乳酸菌を分けて欲しいのお願いには主人と話し合い悩みましたが
乳酸菌のカタログを送付してあげることにしてそのものをあげることはやはり
できないという結論になりました。

ベーベ工房のヨーグルトの乳酸菌は三種類をブレンドして作ってもらっている
いわばオリジナルです。味はそれほど大差はないかもしれませんが主人が
この14年間の間に試行錯誤しながら菌の種類を選んできたものです。
企業秘密というほど傲慢ではありませんが、それでも後輩といえど簡単には
分けられないうちの財産です。この春までインフルエンザ予防にきくと爆発的な
人気だったR-1ヨーグルトの菌を明治乳業に分けてくれといってもまず無理でしょう。
それと同じです。

試作の段階ならいろいろなヨーグルトを買ってそれを種菌として試作することを
お勧めします。気に入った味になればその菌の種類を特定し手間はかかりますが
メーカーにオリジナルの菌を作ってもらうのが一番です。
何よりその試作を繰り返すだけの製造への情熱がないとプロとしては無理です。

友達だから分けてあげたいという微かな葛藤はありました。
でも試作でもし美味しいものができれば当然秋のイベント用にこの菌で
地元の乳業メーカーで製造してもらうことになるでしょう。
そうなるとうちの菌がメーカーにすべて知られることになりやはりそれは避けたいと。

友達への気持と自分の財産。気持は揺れますがやはり自分たちの乳酸菌は
大切にしたいと思います。オリジナルの菌を見つけることも自分の製品のための
大切なプロセスですから。

ラストファイブイヤーズ
今までそれほど多くのミュージカルを観たわけではありませんが
豪華な大型の作品よりオフ・ブロードウェイの珠玉の作品というべき
ミニマムな作品が好きです。(大学時代の一般教養の英語の教科書にあった
印象的な戯曲の影響も大)

最近英語版のCDを買ってその優れたナンバーに心打たれたのが2002年に
オフ・ブロードウェイで初演された「ラストファイブイヤーズ」です。
日本版は2005年 2007年 2010年にかの山本耕史さんがジェイミー役を演じ
高く評価されています。公式サイトからあらすじを紹介しますと

珠玉のナンバーで描かれる愛し合う二人の"5年間"
男は恋に落ちた瞬間から別れまでを辿り、女は愛の終わりから幸福な
恋人時代まで遡る。
異なる2つの時間軸が描き出す、見るものは二人の結末を知っている。
全編、歌で綴られた切ないラブストーリー。

というもので二人芝居で全編14曲の歌で主人公の男女二人が5年間に出会い
恋をして結婚しそして離婚するまでを描いています。
この作品の特徴はその5年の月日を男は出会いから別れを時間軸に演じ女は
逆に別れから出会いまでを遡って演じることです。二人の時間が交差するのは
結婚式の場面だけ。

小説家として認められていくジェイミーと女優としてなかなか芽の出ないキャサリン。
お互いを認めて欲しい、支えて欲しい、賞賛して欲しい、自分の成功を相手にも
喜んで欲しい。そんなどの恋人や夫婦も共有する思いが二人の関係のバックにあり
等身大の素敵なラブストーリーだと思います。私はいわゆる道行き(心中)ものの
ようないかにもの恋物語よりこういうささやかなストーリーが好き。



そのナンバーも優れた歌唱力を要求する素晴らしいナンバーですが
特に素敵なのがラストナンバーGoodbye Until Tomorrow
I Could Never Rescue You で離婚を決意して荷物をまとめて
出てゆくジェイミーと、恋の初めのときめきの中「明日までさよなら」と
歌うキャサリンのそれぞれのGoodbye が交差します。

ささやかなといえばささやかな作品ですが最近の私は豪華なオペラや
バレエフェスティバルよりこういう人の心の機微に触れる作品が好きです。
ドン・キの片手リフトも32回転のフェッテも当分もういいや。(笑)
暑い夏が到来?
先週は私自身が点滴まで受けて完全ダウンの日もありましたが
咳もおさまりつつありようやく平穏な日々に戻りました。
(点滴を受けた日、さらに内科に行き直す体力もなくあまりにも止まらない咳に
腸疾患が悪化したとき用のステロイドを意を決して飲んでこれが功を奏しました。
あくまで緊急措置なので良い子は真似をしないでください)

昨日までは厚手のトレーナーが必要なほど寒い梅雨でしたが今日の午後から
群馬も急に気温が高くなり一気に真夏日になりました。
人間の体調管理もですが牛の体調管理には気を使わなければなりません。

特に産前産後の牛の管理。暑い夏になると牛舎に行く頻度が高くなります。

お産が二回
昨日は昼と夜二頭のお産で大忙しでした。

ホルスタインのオスとメス。一勝一敗でした。
一敗なんていうとかけがえのない命に失礼だと十分に認識して
いるのですが去年はほとんどメスが生れなかったのでつい。
母牛は双方元気なので何よりです。

大樹として成長するために
先日のくろねこルーシーに続いて山本耕史さん関連の記事なのですが現在35才の
彼のテレビ・舞台・映画での活躍を見ていると子役から本格的な演技派俳優に
成長してゆくには本人の努力と才能だけでなく回りの大人の見識が実に大きく
影響することに感嘆します。(記事からわかる範囲でのことですが)

山本耕史さんは0才からモデルとして活躍しているので芸歴=年齢です。
小学生の時は主にミュージカルの「レ・ミゼラブル」のガブローシュ役などで
活躍。そして高校生の時にはあの大ヒットドラマ「ひとつ屋根の下」の車椅子の
末っ子文也くんの役でハイレベルな演技を見せて一躍有名に。

普通なら殺到する出演依頼の中でメジャーという意味では最高峰の月9ドラマを
メインにしてゆくのでしょうが、10代だった山本さんがひ弱な文也くんのイメージに
縛られることに悩み逆に出演作にこだわるようになっていったそうです。
そこからしばらくはTVでは大手事務所所属の同じ世代の俳優に比べてぐっとマイナーな
活躍となります。その代わり現在でも彼が最も好きと公言する舞台での活躍が素晴らしい。
「レント」「ゴッドスペル」そして子役スタートの「レ・ミゼラブル」ではマリウス役
そして三谷幸喜の傑作「オケピ!」など優れた劇作家や演出家の間では既に目をつけられる
存在になっていました。

山本耕史の名前を一気に全国区にしたのが三谷幸喜脚本の2004年のNHK大河ドラマ
「新撰組!」の土方歳三役でしょう。現在でも鬼の副長と役名で呼ばれるほどの好演で
賞も総なめ。これでNHKにも気に入られ現在に至るもNHKでの出演が多くなります。
先日出番が終わった「平清盛」での陰湿な左大臣藤原頼長役では公家メークで男色シーン
まで演じた華麗なヒール(悪役)でその演技力は高く評価されています。
そして秋からは舞台も自身で翻訳から演出までする活躍ぶり。子役出身者の最高峰と
言われる所以です。

子役が長じて名優になる例は外国を見てもせいぜいジョディ・フォスターくらいです。
日本では歌舞伎など特殊な世界をのぞけばもっと成功例は少ないでしょう。
それどころか長じて犯罪を犯したり借金を背負ったりまともな社会人になれなかった
例も多くあります。才能もあるのでしょうが周囲の大人の「稼げるときに稼ぐ」という
ビジネス嗜好がこのような子役で終わりという結果に繋がっているように感じます。
(現在も女優として活躍中の元名子役の実母のAV出演などをみると見識がわかります)

山本耕史さんはジャニーズなどの所属ではなくお母様がマネージャーをされて
フリーで活躍しています。才能があるから仕事を選べる(あの藤原頼長のような
怪優めいた役はジャニーズ所属ならとても演じさせてもらえなかったでしょう)
そして演出など本当にやりたいことにも手を染められると好循環となっています。
文也くんの役からのイメージ脱却に悩んだことが現在の彼の成長のターニングポイント
だと思います。あそこで周囲の大人や本人がとりあえずメジャーな月9路線に
走る方が遥かに楽な選択だったでしょうから。

古い画像を見るとレミゼの楽屋で当時マリウスを演じていた野口五郎さんに
ギターを教えてもらい、主演だった鹿賀丈史さんや滝田栄さんといった名優の
演技を子供時代から目の当たりにする山本さんの姿が見られます。
本物に触れることの大切さも考慮してのレミゼ出演としたらお母様の慧眼
恐るべし!です。

俳優という特殊な世界でなくとも、目先にとらわれず本当に優れた大人になる
ための見識を持って子供を育てることはとても難しいことですがやりがいの
あることです。感受性を育てること、本当に好きなことを子供が見つけられるように
フォローしてやることの大切さ。山本耕史という俳優を見ていると親として
何が大切か我が事のように感じさせられます。

牧草(乾草)での給与利用自粛が解除に
家畜保健所で牧草(ロール状況)での検査を何箇所かの畑で実施しました。
我が家の畑もその一つですが、管轄内で検査したすべての畑のロールで
暫定許容値超過のセシウムは検出されず、給与及び利用の自粛が解除されました。

結果にはほっとしていますし、予想通りでもありました。
但し、自主製品を作っていることもあり当面は今まで通り搾乳牛には
オーストラリアからの輸入乾草を与え、自家産の牧草は育成牛に与える予定です。
念には念を入れというやつです。

原発補償金
去年7月にいわゆるセシウム汚染牛肉が市場に出回ったことから一時期
価格の暴落が甚だしかった肉牛市場。

我が家はF1子牛が生れるとすぐ専用の牧場に売却していますが夏以降は
悲惨な状態の暴落でダメもとで市を通じ暴落分の価格補償の請求書を
出したところ、JA経由である程度まとまった金額の補償金が振込まれると
通知をいただきました。とりあえず合意部分から弁護士費用2%を控除した
金額ですがある程度まとまった金額でご尽力いただいたJA上層部に心から
感謝いたしました。

先日、家畜保健所を通じで行った青刈りの牧草の検査も問題がなく
まだすべてが元通りとはいきませんが少しづつ状況は落ち着いてきています。

くろねこルーシー
親子で何とか体調不良から回復した雨の土曜日。家でDVD鑑賞でした。
観たのは連続ドラマを完全収録した「くろねこルーシー」のDVD。
2004年の大河ドラマ「新撰組!」以来山本耕史さんの大ファンの私。(笑)
期待にたがわぬ、いえそれ以上の心温まる感動をもらった秀作でした。

このドラマは一部の地方局ではTV縫製されましたが全国ではネット配信のみという
公開でしたが、非常に高い評価を得てTV版とほとんど同じ出演者映画化され今年の
10月に全国公開されます。

あらすじは.....(公式HPより)

鴨志田陽(山本耕史)は、黒猫が大の苦手だった。彼らが自分の前を横切ると必ず不吉な
事が起こった。ルー、シーと名付けられた黒猫2匹を使った占いで一旗上げた
父、鴨志田賢(塚地武雅)は6年前に他界。父親に馴染めず家を飛び出した陽にとって
黒猫はまさに天敵だった。賢の7回忌の日、ルーとシーが同じ日に亡くなる。
法要の後片付けをしていた陽は見た事のない黒猫の子猫に出会う。しかも双子。
なんと、その子猫たちは2代目のルーとシーだった…

くろねこルーシー DVD-BOXくろねこルーシー DVD-BOX
(2012/04/20)
山本耕史、塚地武雅 他

商品詳細を見る


くろねこルーシーの魅力は一言で言えば無理のないナチュラルな心地よさだと思います。
二匹の黒猫の世話をすることになる主人公を演じる山本さんと猫たちの息がぴったりで
驚くのですが、インタビューで実家でたくさん猫を飼っていて子供時代からいつも
猫と一緒だったという山本さんの言葉で納得でした。

山本さん演じる主人公の陽(よう)は33才。占い師だった亡父親生き方にどうにも
共感できなかったという以外はどこにでもいる平凡な33才の青年です。
鷲尾真知子さん演じるちょっと風変わりな母親と京野ことみさん演じる
恋人などごく普通の心温かな人間に囲まれています。現在陽は失業中。突然入院した
母親から押付けられた二匹の黒猫の子猫(ルーとシー)の世話に格闘しながら職安に
行きという日々。そんな中恋人が妊娠し少しずつ大人としての自覚を持っていく陽。
最後、父親と同じ黒猫を使った占い師となり双子の子供にも恵まれようやく心からの
気持で父親(生前の父親を演じる塚地武雄さんが秀逸)の墓参りをする場面で
エンドになります。

子猫時代から出演する二匹の子猫の可愛らしさも印象に残りますが
山本さんの平々凡々などこといってとりえのない青年振りが素晴らしい!
そして決して予算をかけていないマイナーな作りが、かえって制作サイトの
センスの良さを感じさせる素晴らしさを感じさせます。例えば音楽の使い方。
父親と子供時代の自分の回想場面では、バッハの小フーガが使われますが
陽が父の生き方を受け入れるようになってからはG線上のアリアに音楽が
変わったり、音楽にかける予算が低いながらもスタッフのセンスが随所に
感じられ心地よくも強い印象を観るものに与えます。

こんな低予算作品に山本耕史さん級の実力人気ともにある俳優が出て
くれただけでも感激ですが、ドラマの質は予算や宣伝以上に脚本と演技によって
決まると改めて感じます。主人公の亡き父親の職業が占い師というちょっと
変わったものであること以外は、どこをとっても安心するほどありふれた
登場人物や周囲の設定。私は常々、平凡な人物を演じて感動させる俳優や作品が
最高の演劇だと思っているのですが、その意味でくろねこルーシーにはあの
ダスティン・ホフマンがオスカーを受賞した名作「クレイマークレイマー」
以来の感動をもらいました。

体調不良につき
仕事や日常生活はしておりますのでご心配なく。

ここ数日、軽い風邪の症状などで体が重く息子が登校している間は
できる限り体を休めるようにしています。
数日間更新をお休みさせていただきます。

今年は6月になってもかなり気温の低い日もあり体調管理が大変です。
皆さまもどうぞご自愛くださいね。

最新の検査結果
5月31日に認証検査機関で行った原乳の放射性物質の検査は

  ヨウ素 セシウム ともに不検出 でした。

お取引先には報告書を伝票に同封いたしますのでよろしくお願いいたします。


市で定期的に行う定点での線量も問題がなく検査を受けて不検出ということは
当然ですが当分検査は受ける予定です。

おそらくプロであるバイヤーの大半は市場に出ている北関東以北の
食になんらリスクがないことはご理解いただいていることでしょう。

ただ、消費者としては私もそうですが、何度か基準値越えがあったキノコ類
などでまったく検査結果を表示していないとそれが生産者の責に帰するもの
ではないことをわかっていても「安全性を正しく考えて理解している生産者か」
と疑問を感じてしまうことも事実です。

生産者としての見識をまず小売と消費者に理解いただき製品を信頼して
いただくこと。そのために検査を定期的に依頼していることをご理解
いただけると幸です。

妻の経済観念
裁判離婚にもつれ込んだ俳優の高嶋政伸とその妻の美元の公判が6月1日に
東京家庭裁判所で開かれました。妻を「被告人」と呼び「芸能生活をなげうってでも
離婚したい」という夫側と法廷で彼にストーカーとまで面罵されても
「また修復できると信じている」と離婚の意志は皆無の妻。まさしく修羅場です。

大学一年のとき親族法の授業で現職の弁護士でもあった教授が裁判離婚を
称して

 「わずかでもお互いへの愛情や敬意があればとてもできない」
 「どれだけ恥をかいても離婚したいという気持だけが支えになる」

と言っていたことが今も印象に残りますがまさしくその通りの様相です。

マスコミ報道や高嶋側の証言で美元の常識を越えた贅沢ぶりや金銭欲が
報じられ、YOU TUBEでは自身の誕生日の馬鹿げたパーティーの
様子がアップされていますが、有名な俳優一家に育った高嶋政伸ですら
自分を食い物にするような妻の経済観念(その他の性格による部分も大きいのだと
思いますが)には耐えられないものがあったのでしょう。

ここ数年、身近な酪農家夫婦数組が相次いで離婚となりました。
性格や価値観の不一致もあるのでしょうが、もれ伝わってくる情報によると
いずれもこういう言い方は悪いけれど、平均以下の経済状態の家庭で育った
都会出身の妻がおそらく初めて手にしたであろうある程度の残額のある
預金を十万以上の単位で勝手に引き出し、夫の承諾もなく実家に大金を
送金していたり、実家で遊ぶために他の酪農家やヘルパーのことも考えず
半月以上ヘルパ-を頼んで里帰りしたりこれでは夫側が離婚申し立てを
して当然という惨憺たる経済状態が離婚原因だそうです。

酪農も決して儲かる仕事ではありませんが、頭数がかなりいたり酪農と
並行して肉牛も手がけていればサラリーマンよりは費用を別にすれば
収入はありますし、こういう言い方は批判されると思いますが実家が
貧しくかつ本人もお世辞にも賢いとは言えない妻が、十万単位でお金を
勝手に引き出してしまうことは十分にありうる行為です。

私の周囲がたまたまなのかもしれませんし、大半の酪農家の妻はきちんと
やりくりをしているのが現状ですが、家庭崩壊そして経営の行き詰まりを
防ぐためにも農家で結婚のハードルが高いとしても男性側が卑屈になって
「農家だけど嫁にきてくれるならお金のことも何でもしていいよ」的な
変な寛大さは見せない方が自身のためになります。勝手に妻が多額のお金を
実家に送金するとなると個人の酪農家の家など簡単に傾いてしまいます。

報道によると高嶋と結婚するときから妻の美元はあらゆる経済的負担を
ご両親の高島忠夫&寿美花代夫妻が眉をひそめるほど高嶋家にたかって
いたそうです。芸能界でも名家として知られる高嶋家ですら経済観念の
おかしな妻には音を上げるのです。あまりこういうことを書くのは気が引けるのですが
最近は、いささか普通の都会のサラリーマンとの縁がなさそうな実家の経済状態
などに不安がある女性が、なかなか嫁がこなくて焦り気味の農家の後継者の
妻になるケースが回りでも見かけるようになりました。そのほとんどが離婚と
いう結果に至り、ひどい例では離婚後も勝手に夫のカードで買い物をして
悶着があったということも耳にしています。

もちろん、夫たるもの結婚する以上は慎ましくても妻子を養うという
気概を持っていただきたいものですが、たとえどんなに美人でも結婚後
実家ぐるみで寄生してきそうな女性と結婚することにならないように
特に農家も含みますが比較的お金の自由が利く自営業者の男性は慎重に
相手を見極めるべきだと思います。私もいずれ息子にはこのあたりのことは
きちんと話すつもりです。現在汗をかいて働いているのは無駄遣いをされる
ためではありませんからね。 辛辣な話を申訳ありません。

事実上容認へ
15%の電力不足が懸念される関西。ついに橋下大阪市長はじめ滋賀県知事なども
大飯原発の再稼動を事実上容認です。


大阪市の橋下徹市長は31日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働
について、「基本的には認めない」としていた前日の発言を翻し、「事実上、容認する」
と明言した。ただ、「期間限定(の再稼働)は言い続けていく」として、秋ごろをめどに
運転停止を求める考えを示した。   (毎日新聞)

                  
私は大多数の国民と同じように長期的には原発は廃止して代替エネルギー
に変えていくことが必要だと思っていますが、去年の三月の計画停電の
経験者としてこの「事実上同意」で期間限定にしろ大飯原発が再稼動して
安定した電力が供給されるかもしれないという報道にはほっとしています。

私は一庶民でしかないので、瑣末なことしか原発問題についても考えられないのが
申訳ありませんが、もし猛暑の状態で計画停電などという事態になれば
産業云々などのこと以前に人の生死や生活崩壊に繋がると本気で心配して
おりました。

去年の三月の三時間の計画停電も本当に辛い記憶で(原発の必要性を喧伝するための
謀略だという一部の意見はこの際スルーします)人生のトラウマの一つにまでなっています。
早朝の停電に間に合わせるために朝三時から搾乳し、夕方5時半からの停電の時は真っ暗な
中で蝋燭を立てての夕食でお風呂にも入れず。あれがまだ肌寒い季節でしたからコンビニも
停電中でもお弁当を売れましたが、猛暑の中で三時間など停電されたら食品売り場など
阿鼻叫喚ではないでしょうか。関西など酪農家が牛乳を出せなくなる心配もあります。

原発は反対という人間のなかでもあの半月近くに及んだ計画停電を経験しているか
否かで真夏の電力不足への受止めもかなり違うものになっていると思います。
結局、橋下知事もこのあたりを考慮の末の「事実上、容認」なのではないでしょうか。
批判もあるでしょうが、政治家として当然の判断だと私は評価します。

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。