<<01  2012,02/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  03>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バターとマーガリン
息子の通う小学校に去年の暮に寄贈したバター(明治乳業の無塩バター450gを20個)は
他の方の寄贈品とともに学校便りで紹介下さり給食の材料として使っていただいており
心から嬉しく思っています。

献立表を見ると寒い時期なので一月と二月は特にシチューやグラタンなどのメニューが
多くなっていて、いつもは原材料の油脂の欄に油とかマーガリンと表記されているところに
バターと表記されているのでこうやって使っていただいているのかなと思います。

酪農家だから、とう理由だけではありませんが私は断然バター派。
品質が改良されてもバターとマーガリンでは味のレベルが違います。
またマーガリンはトランス脂肪酸が含まれておりイギリスのように販売が禁止されている
国もあり安全面からいってもバターに軍配が上がります。私がささやかながらバター
を寄贈しようと思った理由はこのあたりの事情もあります。そしてバターの入手が
去年秋から冬にかけてやや難しくなっていたこともあり保護者として学校に協力
できることを、と考えました。

ご存知と思いますが、欧州では寒い地域ほどバターや乳製品を料理に多用しています。
(これはインドでも同じ)イタリアでもナポリなど暖かい地方に比べ北部ではバター
やチーズを使った煮込みなどが多く見られますが乳製品の本場であるこれらの国々で
料理にマーガリンを使うことはまずありません。
風味だけでなく寒い季節にバターなどを適量摂取することは理にかなったことなのでしょう。

息子が面白いことを言っていました。バン給食の日にパンに塗るものがマーガリンだと
自分も含めのマーガリンを使わずに残す子が多いけれどポーションバターだとおいしいから
全員が喜んでパンに塗るそうです。私が子供時代は魚の油で作ったマーガリンでしたから
今の子供は贅沢になっています。見方を変えれば子供でもバターとマーガリンの味の違いが
わかるということなんでしょうね。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。