<<12  2012,01/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひそかな争奪戦
ブラウンスイスはなかなかメスが生まれないというのが定説(?)ですが
うちのブラウンスイス子牛のハイジを売って下さった知合いの酪農家が
数年前栃木から購入したブラウンスイスは俗に言う女腹で、メスの双子を
始め数頭のメスを産み、さらにその娘牛もメスを出産し(その一頭がハイジ)
順調に子孫を残しています。

ただ酪農家としてはあまりブラウンスイスが増えてもということで去年暮れに
生まれたハイジの妹をもしよければうちで買ってくれないかというニュアンスの
ことを獣医さん(双方の牛の診療をしています)に漏らされていたそうです。

去年はメスがほとんど生まれなかったので個人的には前向きですが、先日の
組合の新年会で主人がブラウンスイスのことを前橋の仲間の酪農家に言ったところ
「可愛いから是非飼ってみたい」とのことで、主人の携帯にもかけてきて是非うちに!
と猛アタック状態です。主人としても内心欲しいので慎重に対応しています。

獣医に相談したところ、このブラウンスイス子牛がこのところちょっと下痢が
長引いているので、もう少し様子を見て決めたほうがいいとの意見をいただきました。
下痢が長引くと回復しても、発育が遅れたり種付けが上手くいかなくなる可能性も
あるからです。そのことは主人もこの欲しがっている酪農家に伝えました。
つまり様子見状態ですね。

私としては今回は何が何でも欲しい!という気持ではありません。
できれば、くらいの気持なので子牛の回復を待ってできれば春までは
慣れた場所で飼ってもらいという様子見状態です。

ブラウンスイスは確かに可愛いんですが、とにかく大きいんです。
それがちょっとネックかもしれませんが可愛いことは確かです。(笑)
春までひそかな争奪戦が水面下で続くかもしれません。希少種ですからね。




スポンサーサイト
プロフィール

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。