<<11  2011,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真面目に働くことの意味
昨日から帰省しています。
さすがに年末の横浜はどこも激混みで風邪をもらうのも
怖いのであまり長時間は出歩かず息子ともども実家でゆっくり
しています。

27日の夜のNHKの番組でパチンコにはまる女たちという特集を
していました。寂しさからパチンコにはまって自己破産した方や
入院してパチンコ依存症の治療をしている女性たちなど深刻な
ギャンブル依存症の様子がわかりました。

番組の中で取材の小島慶子さんが「男性のギャンブルは一攫千金が目的で
女性のギャンブルは寂しさの解消」と結論づけていましたが私は多少の
違和感を感じました。周りの依存症女性のことを耳にするたびあきらかに
お金稼ぎの目的を感じます。

公の日記で書くことに多少の後ろめたさはありますが実は私の近隣でも
2人のパチンコ依存症の女性がいます。世代は違いますがいずれも主婦。
高齢パチンカーの方は運転ができないこともありいろいろな
パチンコ仲間の女性が朝から車でお迎えに来ます。もう1人のパチンコ
女性は仕事をせず子どもを保育園に預けたその足でその高齢パチンコ女性を
乗せて夕方までパチンコ屋に行っているようです。お金がなくなれば近所に
お金を借りに行ったり自治会費の支払いを延期したり。
この高齢女性に付き合っていた若い主婦が負けが込み借金をしてお舅さんが
土地を売って返済する騒ぎになったこともあります。高齢パチンコ女性を迎えに来る
パチンコ仲間の多さを見ると田舎であるはずの私の住む地域でもかなりパチンコ
依存症の女性は多い気がします。それと不倫騒ぎを起こす女性も人口に比して
多いように感じます。

私はパチンコなどギャンブルはやりません。(競馬は好きですが馬券は買いません)
理由は真面目に働くことができなくなると思うからです。
正確に言いますと20代の頃友人と面白半分に一度だけパチンコ屋に入り
5百円が一瞬で一万円になり「これが続けば私は働けなくなる」と本気で
怖くなったのです。

私が結婚してからの大半を費やしているベーベ工房の仕事な一本の売上げは
数百円単位ですし利益ともなると数十円の本当にささやかな仕事です。
恐らくパチンコ愛好者がたまたま大当たりを出した時の儲けから
見たらアホらしくてやっていられない仕事だと思います。

真面目に仕事をすることはお金だけでなく素晴らしい出会いをもたらして
くれますし、何よりたとえ大金持ちになれなくとも自分の言葉が持てたり
人生の充足感をもたらしてくれます。

来年も原発問題が尾を引いて思うようにいかないこともあると思いますが
真面目に仕事をしてゆくことで素敵なことに出会えるのではないかと
いつもどこかで信じています。

パチンコ業界に恨みがあるわけではありませんが、毎日開店しているだけ
パチンコ依存症になることは怖いものがあると実感します。
さすがに人の良い人間の多い田舎でもパチンコ依存女性の周りには
同じような人間しかよりつかなくなります。
本当に幸せな人生のためには言い古された言葉ですが真面目に働くこと。
これが一番の王道だと年の瀬に考えています。

スポンサーサイト
今年もありがとうございました
少々早いのですが、年末のご挨拶をさせていただきます。

  今年もありがとうございました。

今年は予想もしなかった大震災とその後の原発事故と仕事の上では今までで
一番苦しい年となりました。そんな中でも変わらぬご愛顧をいただきました
お取引先とお客様に心から御礼申し上げます。

来年も組合の検査と並行して定期的に放射性物質の検査を行い結果を開示し
牛を健康に飼養し、安全でおいしい製品を作っていく所存でございますので
どうぞよろしくお願いいたします。

今年は辛い中にも息子の小学校入学という嬉しい出来事がありました。
三月の混乱の中の入学準備となりましたが、お蔭さまで息子は勉強に運動に
遊びにお友達にも恵まれ元気に頑張っています。
まだ先のことですが、日々の環境もあるのか「獣医さんになりたい」という
気持で勉強を頑張る息子を支えて日々私も頑張っています。
二学期の成績もよく、通知表の担任からの講評には「知識が豊富で好奇心も
旺盛なため、多方面から考えたり表現できます」とありました。これは私に
とっても本当に嬉しい言葉でした。(親ばかですみません)

29日から横浜に帰省しますが今回はノートパソコンは持参せずのんびり
アナログに普段できないことを楽しみながらお正月を過ごしたいと思います。
母のPCからちょっとだけ更新するかもしれませんが。(笑)

来年も当分は厳しい日々が続くと思いますが、あせらずくじけず強い意志を
持って日々を送りたいと思います。皆さまもどうぞお元気に良いお年をお迎え
下さい。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
帰省準備
今日は主に駒寄PAとその他個人のお客様用のヨーグルトを作り
明後日発送したら今年のベーベ工房の仕事は終了です。

それと並行して12月29日から1月5日まで息子と横浜の実家に帰省するため
その荷造りもしなければなりません。
主人が車を運転して(主人は一泊して群馬に戻ります)帰りますが
着替えや息子の勉強道具、細かいものでは鉛筆削りや私の薬など
忘れてはいけないものも多くなかなか神経を使います。

実家はとても便利な場所にありますが、いつものように車は使えずすべて
公共交通機関であちらでは動くことになりますし、実家とはいえまったくの
お客様状態というわけにはいきませんので、ホテルに滞在するように気楽な
帰省でもないと思います。

とはいっても夕方の牛舎の仕事がないので、息子には毎日勉強はしてもらい
ますが、群馬では行けないお店やケーキショップなど親子でちょこちょこ
出かけて楽しみたいと思います。定番の野毛山動物園もね。
ギレリスのチャイコフスキーピアノ協奏曲第一番
録音された音楽は音質が良いに越したことはありませんが
音質や録音状態が悪くてもその演奏が自分の中のスタンダードになる
名演奏というものは確かにあると思います。

私にとってそんな演奏がウクライナ出身の(当時はソ連)20世紀を代表するピアニスト
エミール・ギレリスのチャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番です。
あまりにも有名な名曲ですが、その後アルゲリッチやアシュケナージなどの
名演を聞いても音量の豊かさ、民族的に当然かもしれませんがロシアらしい
一種の土の香りも感じる演奏はギレリスでしか感じたことがありません。



叔父はかつて音大でピアノを教えていましたが、まだ若い頃お金をためて
ギレリスの来日公演に行ったそうです。そのときの印象を舞台に出てきた彼は
一見ロシアの炭鉱夫のような風体のずんぐりした男だった。ところがひとたび
演奏が始まると豊かで輝かしい音色、どこまでも拡がっていくような雄大さで
真の芸術家とはこういうものだと驚嘆した。と一つ話のように言っていました。

私は父の所有していたレコードを11才の時こっそり拝借して初めて
チャイコフスキーのピアノ協奏曲を聴きました。これが有名なギレリスと
ライナーのコンビによる1950年代の版でした。
音なんかもう霞のなかから聞こえるほど悪くて、でもそこにはロシアのとしか
言いようのない雄大な音楽がありました。あの冬の日の自宅のガラス窓が
曇っていたことまで今も鮮烈に記憶しています。

学校に行ってきました
昨日の夕方学校に行ってきました。
先日組合から届いた無塩バター20個をお届けするためです。

一昨日、息子のクリスマス会で使う大きなダンボール(子供ではちょっと手に余る
大きさのため)を届けるため放課後に学校に行きました。車で三分と近いんですが。
その時に担任の先生に、バターを寄贈したい旨をお話したところすぐに校長先生と
栄養士さんを呼んで下さって、お二人とも大喜びで快諾して下さったので昨日持参
しました。

業務用の450グラム × 20個はさすがに壮観だったようで校長先生も
大喜びされていました。栄養士さんが受け取りに来てくださってこちらも
うれしいびっくりの様子でした。

息子の小学校は校長先生の明るいお人柄もあってか、保護者や祖父母でときどき
野菜などを寄贈される方もおられて1ヶ月前には寄贈されたさつまいもで
給食に大学いもが出て子供たちも喜んだそうです。
こういうサプライズは都会の学校では経験できない楽しさだと思います。

以前にも書きましたが学校では食育に熱心で先日は保護者から募集した
野菜嫌いを克服するレシピ集がまとめられ配布されました。
定期的に保護者の代表と栄養士や養護教諭そして地域の保健師が集まり
給食についての意見交換も行われています。

私の子供の頃は給食後進地域の(横浜は中学の給食がありません)
食べるだけの給食でしたが、息子たちの学校はレベルも熱意も違います。
私だけでなく食材の寄贈の応援をされる方がおられるのはこの学校あげての
熱意と愛情の賜物です。



人生の宝もの
いよいよクライマックスに近づいたNHKドラマ「坂の上の雲」ですが
司馬さんの原作は暗記するほど読んでいても、やはり映像の海戦の場面は
月並みな表現ですが感動しました。

原作を読んだ方はもちろん、先日の第12回を観た方の中には感じた方もおられる
と思いますが、海戦の場面を正しく堪能する(変な表現ですが)には距離の感覚を
覚えることがお勧めです。ドラマの中で三笠の砲術長の安保大佐が司令長官の
東郷に「もう(ロシア艦隊との距離が)8000メートルです!。どちら側で戦を
なさるのですか?」と大声で尋ねる場面があります。

私は30才の時にこの場面を原作で読み8000メートルつまり8キロで至近距離という
感覚が理解できずにいました。その疑問に答えて下さったのが亡き父の海軍兵学校
時代の同期だった方々でした。父の在籍した75期は終戦で繰り上げ卒業になり
実際に任官されることなく学生で終えたのですが、同期の方には司馬さんにも専門的な
助言をなさった元海軍大佐などと交流のある方々も多く幸いまだみなさんが70才前で
お元気だったことあり、安易なミリタリー雑誌などでは絶対に得られない実に貴重な
専門的な助言に恵まれる機会を持つことができました。

近代の海戦は例えばローマ帝国時代の(ベン・ハーのような)海戦とは全く異なり
例えば川崎と木更津で艦隊が対峙する感覚が司馬さんの原作に出てくる8000メートル
という具体的な感覚で教えていただいたことで私は多分私と同世代の少なくとも
軍事オタクではない一般人としてはかなり正確に坂の上の雲の日本海海戦の場面は
読みこなしていると思います。

私事になりますが、竜馬がゆくなどの延長で30才で軽い気持で手に取った
坂の上の雲でしたが、今思うと本当に貴重な時代に手に取ったと思います。
私の子供レベルの質問にやさしく丁寧に時には手紙で答えて下さる父の同期の
方々は(私の父は既に他界しておりましたので)ちょうど社会の一線を退かれて
まだまだお元気な頃で最後のネイビーというべき気質を存分にご教授いただけた
ことは、そのエッセンスだけでも息子に伝えてやりたい私の人生の宝ものになっています。

ドラマが始まった一昨年からもし司馬さんの原作を読んでいたら、同期の方々も
既にお亡くなりになっている方や健康に不安のある方が大半となっていましたので
正しく読みこなすための距離感や地理間、そしてネイビーの気質といったものを
一生私は知ることなく坂の上の雲という作品を読み続けることになったと思います。

人と人の出会いに一期一会という言葉がありますが、書物との出会いにもそれが
あると私は信じています。私は決して戦争賛美者でも軍事オタクでもなくむしろ
まったく思想的には対極にいる一般人(父もそうでしたが)ですが、私にとって
精神的な無形文化財ともいうべき大切なものに出会うきっかけになった司馬遼太郎の
「坂の上の雲」は間違いなく私にとって一番大切な本になっています。

本当に足りなかったんだ
組合にお願いしていたバターがようやく届きました。
明治乳業の450g(1ポンド)のもの30個です。
お一人様一個限りなどバター不足を反映して思うように業務用も
手に入りにくいので料理人の友人などにもお分けする予定です。

ところで、今年は例年年末に酪農家に割当ということで購入が義務付けられている
乳製品(主にゴーダチーズなど)の配布がありませんでした。
原発事故と猛暑で牛乳が不足しているとは聞いていましたが不足は本当だった
のだなあと妙な感慨があります。

ところで、私たち組合所属の酪農家の牛乳がどこのメーカーに行くかは
乳販連が決めるので、おおよそのことしかわかりません。
他県の牛乳のことはなおさらですが、福島の牛乳があまり出回っていないとの
噂も耳にするのですが実際はどうなんでしょうか。

バターは牛乳が余ったときに作る傾向があります。
牛乳が足りないという情報がネットなどで確かな根拠を持って流れたら
業務用で多く使う方は早めに手を打っておいた方がいいかも、です。
もし知人に酪農家がいればそこから早めに組合に頼んでもらうのも
一計かもしれません。

気持を引きずらないこと
今まで会員資格等でなかなか営業ができなかった市内の名所ともいえる
道の駅との商談に来週行ってくることになりました。ここまで漕ぎつけるまでに
ご尽力いただいた関係者の皆さまに心より御礼申し上げます。

さて、年の瀬に商談が入っているのでまだ気持ちが楽になりましたが今年ほど
営業面で苦しかった年はありません。大震災~原発事故の影響で異様なまでに
関東以北の農畜産物に対する忌避感をあらわにする一部の消費者の存在や
ようやく新しい基準値が決りそうですが今までの緩過ぎる暫定基準値への
不信感などで、営業をする気力もなかなか出ず、上記のような理由もあって
売上げが落ち残念ながら取引をやめるお店も出ました。

信頼できるバイヤーなどにも相談して今後の対策を考えていったり来年に
向けての準備もしておりますが、特に私が心がけているのは

 「気持を引きずらない」

ということです。

努力をしてもどうにも上手く物事が進まないときもあるもので殊に今年の
ような原発事故による影響など自分たちの責任ではなくどうしようもない
ことが影響することもあるわけで、自主検査うを定期的にすることで安全な
ものを作るなどできるだけの努力をしても上手くいかない部分は次の対策を
考えたらあまり長く引きずらないこと、悩み過ぎないことを心がけています。

私にはこの仕事を始めるずっと以前から好きな言葉があります。
ちょうど現在放映中の「坂の上の雲」の司馬遼太郎さんの原作からの一文です。

 「海戦というものは敵にあたえている被害がわからない。味方の被害ばかり
  わかるからいつも自分のほうが負けているような感じをうける。敵は味方
  以上に辛がっているのだ」

         (坂の上の雲 第八巻より)

これは日本海海戦当時の司令長官東郷平八郎の言葉で、東郷さんは末端の兵士にまで
この言葉を徹底させていたそうです。私たち小さな酪農家はなかなか外に出る機会がなく
どうしても足元だけの結果に悲観的になりがちですが、苦しいのは自分たちだけでなく
まだ自分はよくやっているではないかとたまに自分を励まして、前を向いて頑張ろうと
思うときはこの言葉が浮かんできます。

そして商売をこれからも続けたいならば、勝負事のようですが「取られたら取り返せ」
です。いささか女の身では強すぎる言葉ですが、自分のブランドを守って商売を
してゆくというのはこういうことだと思っています。



発熱
息子ではなく私が昨夜38℃代の発熱です。
多少喉の痛みはあるものの昨日の夕方までは何ともなかったのですが
夕食の時間帯から異常な悪寒がして図ると高熱でした。
インフルエンザはワクチン接種していますし、今朝は37度前後に下がったので
インフルエンザではないと思います。

今日は息子が登校したらひたすらゆっくりします。
皆さまもどうぞご自愛くださいね。

少しづつやっていること
諸事情でこれまでやろうと思いつつ頓挫していたネット販売ですがFC2で無料の
買い物機能が設置できるので、ユーザー登録を完了していつ完成するかまだまだ未定ですが
ネットで販売できるようにサイトを少しずつ作り始めました。FC2のこの無料サイトで
実際に販売をされている老舗もあるので、あまり欲張らず完成を目指したいと思います。

そしてショッピングカートが稼動したら、来年は一度このブログの記事を整理して一旦
ブログと距離を置くことを考えています。理由は2008年に始めた当初と違って私自身の
関心が、文章を書くことよりも息子の教育に大きく向いて自身の変化を感じているからです。
息子は、学研教室の先生の英断で夏休み明けから良くできるということで
二年生の課程に進んでおり、また学研の素晴らしいテキストに目を通すうち数字や
児童文学などこれまで関心のなかった分野のことが本当に面白いと感じるように
なったのです。そして、自分の気持が元々内省的なところはありましたが外部に
向かってメッセージを発したり、まして肩書きをひけらかすようなことより
もっと自分の心の中にあるものを内向きかもしれませんが、しっかりと向き合い
育みたくなったのです。元々私は外で派手に動くより家で本を読み音楽や芸術を
楽しむ気質だったことがよりはっきりしてきたのかもしれません。

ベーベ工房の仕事も、あと10数年コンスタントに売上を維持して原発事故以来
すっかり価値観が変わってしまった日本ですが、安全でおいしい製品をお届け
できるようにするということだけが目標でそれ以上の野心はありません。
約14年、ゼロからここまでやれるだけのことはやったという満足感もありますし
残りの十数年はその気持の上に立って頑張れれば十分です。

少しずつショッピングカートの稼動に向けて努力しますのでよろしく
お願いいたします。


年明けに商談
先日この日記にも書いたイオン高崎店ての営業ですが、サンプルと資料をお送り
したところ、ヨーグルトの味などバイヤーの目に適ったということで来年早々に
商談をすることとなりました。

実は、一度はイオンに入っている流通業者のマージンの高さなど少々私たちのような
小さな生産者には荷が重い気がして、リタイアも考えましたが製品自体の評価を
して下さったことで、商談という土俵に上がってみようと気持が前向きになれました。
条件等クリアすることは多いと思いますし、どのようになるか白紙状態ですが
取引のためには、バイヤ-が製品を気に入って下さることが何よりの大前提なので
良い結果になるように頑張りたいと思います。

ところで12月29日から横浜の実家に帰省し1月5日の夜こちらに戻る予定です。
横浜でも息子もいるし、三食昼寝とはいきませんが時間の許す限りたくさんの
売場を見たり、リラックスしながらまた新しい情報を吸収したいと考えています。

近代史の伝え方の難しさ
数日前からの急な冷え込みで利き手の腱鞘炎が悪化してほとんど五十肩状態の痛みで
(辛うじて四十肩と言いたいのですが)で少々牛舎の仕事をセーブしています。

ところで、先週から放映されているNHKドラマ「坂の上の雲」ですが録画しながら
息子と観ております。ただ最終クールの今シリーズは日露戦争のヤマ場である
二百三高地の激闘場面が多く、さすがに小学校一年生は恐怖を感じるようです。

それでも合間を縫うように息子なりに質問や疑問をぶつけてくるのですが
いたずらに戦死者ばかりが増えてゆく膠着状態の場面で「こんなやりかたを
していると死ぬ人ばっかり増えるのになんでこんな方法で戦争するの?」と
聞いてきたのには驚きました。

そして小さな子供の質問に答えながら感じたのは明治期以降の近代史の
伝え方の難しさです。たとえば陸軍海軍共通ですが位のこと。
例えば息子は司令長官(乃木さんや東郷さん)と参謀総長(児玉さんや島村さん)
はどう違うのかと聞いてくるのですが、まだ細かいことを言ってもわからないので
先日まで夢中で見ていた「江(ごう」を引き合いに乃木さんは家康のような総大将で
児玉さんは本多正信のような重臣だとたとえながら教えています。

そして何より子供相手に伝えることが難しい原因は、近代国家という概念が
明治期以降は欠かせないことや国際関係がからむこと、そして何より戦国武将を
語るようにいささか漫談のような軽いノリが通用しないこと、そして親の歴史観を
押付けすぎない配慮の必要性があることでしょうか。

原作では司馬遼太郎さんは乃木と伊地知のコンビを無能と口を極めて批判して
いますが(私も同感ですが)ドラマを見ていると近代的な要塞戦を未経験な
状態では自分の経歴にだけ固執する伊地知のような人間の方が現在に照らしても
多数派だと(だから児玉や秋山真之が天才なのですが)思うし、善玉悪玉では
計れない価値観を子供に伝えることの難しさを感じています。

それでも息子なりに戦闘場面の悲惨さに戦争にならないための努力が必要なことや
先週の戦争資金調達にロンドンで外交面で懸命の努力をする西田敏行さん扮する
高橋是清の場面に心が動いたらしく誰とでも友達になれることは大事だね
と一人前のことを語っていました。

昨日の第二回はとにかく大胆な戦術転換を決めた高橋英樹さん扮する児玉源太郎の
視野の広い柔軟さに感動するばかりでした。息子に一つの物事をいろいろな方向から
見られるようにするために算数の勉強があって、人に自分の考えを伝えてゆくために
国語の勉強があるのだと私なりの考えも伝えておきました。

個人的に近代史が難しいと思うもう一つの理由は、受験で世界史を選んだ上に法学部で
ローマ法や近代法制史を学ぶ課程で世界史やローマ史は学んでも改めて日本史を
学ぶ機会が少なかったことにもあると思っています。これを機会に趣味程度にでも
日本の近代史を読んでみたくなりました。但しイデオロギーに偏らない本を探す
ことが至難だと思われますが。

年末年始のお知らせ
年末年始の出荷予定のお知らせです。

関越道の駒寄SA分を除いて

 年末は 12月21日到着分のヨーグルトと12月23日到着分のチーズ まで


 新年は 1月11日到着分のヨーグルトと1月13日到着分のチーズ  からの開始

とさせていただきました。

慢性的な不況に加えて、3月11日の大震災と今も暗い影を落す原発事故の影響や
電力不足の懸念など2011年は私たちにとってもかつてなく気持ちが暗くなる年に
なりましたが、変わらぬ応援をいただけけるお取引様とお客様に支えられ
年末を迎えることができていることに心より御礼申し上げます。来年も定期的に
独自に放射性物質の検査も受けながら、牛を健康に飼い安全でおいしい製品を
作っていけるように努力致しますのでよろしくお願い申し上げます。

訓告
群馬大学の高田邦昭学長は7日、ツイッター上で原発事故に関する連する発言を続け
る同大学教育学部の早川由紀夫教授に対して「不適切な発言をすることがないように」
と訓告を行いました。

早川シンパのフォロワーたちが言論統制だとか学問の自由の侵害と言って学長を
批判しているようですが、私は訓告は彼の学問ではなく人間性に対してなされたもので
決して不当なものだとは感じません。早川教授の以下の発言は民間企業の社員や一般職の
公務員がしたものであればたとえプライベートな場での書き込みでもとうの昔に
何がしかの処分はされていたと思います。少なくとも早川教授のこの発言は品性を疑われても
仕方がないと思います。


「セシウムまみれの干し草を牛に与えて毒牛をつくる行為も、セシウムまみれの水田で
稲を育てて毒米つくる行為も、サリンつくったオウム信者がしたことと同じだ」

「福島の農家のことなんかひとつも心配していない。彼らが滅びても私は何も困らない」
 
私個人は原発事故以前にも早川教授が専門である火山学でも三宅島の噴火のときに
三宅島が吹き飛ぶと豪語して不安を煽ったり彼の人間性には疑問を感じています。
今回の件もわざと福島の農家の反発を買うようなことを言えば一部の大衆の支持は
得られるかもしれませんが、学者としてまた教授という教育者としてどうなのか
と思います。

先日の不適切発言で更迭された前沖縄防衛局長には沖縄や国民の反発の大きさに配慮
したものか停職という極めて思い処分を課せられました。早川教授のことさらに
福島の生産者を小馬鹿にした発言にも私はこの前沖縄防衛局長と同じような人を
見下した人間性の程度の低さを感じて不快です。

原発事故に伴う食の安全性への警鐘にも伝え方の最低限のモラルがあってしかるべきです。
繰り返しになりますが今回の大学側の処分は彼の人間性に対してされたもので学問や表現の
自由を侵害とはまったく別の次元のものだと感じています。

民間企業の学童保育
母親がフルタイムで働く子供の多くは幼児期を保育園を過ごし小学校に
入ると低学年のうちは多くは学校近くに設置された公立の学童保育に夕方6時
くらいまで行っています。息子は保育園育ちですが私が自営なので学童には
行っていません。先日の懇談会で学童に預けているお母さんの多くが6時に迎えに
行ってそれから宿題をやったり食事や入浴で毎日忙しいと言っておられました。

この春、テレビで毎日夜10時近くまで民間の学童に通っている東京の児童を
見てびっくりしたのですが、最近は遅くまで働く母親のニーズを見込んで
鉄道会社や大手学習塾が主に東京で学童施設運営に参入しているそうです。


「長時間できめ細かい保育サービスなど、公的な学童保育ではカバーできないニーズに対応
している。保護者が送迎しやすい近い立地も強み」と話す。 保育時間は平日午後1~7時だが
夜9時まで延長も可能。冒頭の女の子を預けている会社勤務の女性は「預かり時間が長く
宿題やドリルなど勉強の面倒を見てもらえる点も助かっている」と話す。
 鉄道会社では19年に相鉄ホールディングス(横浜市西区)、20年に東京急行電鉄
22年にJR東日本(同)が同事業に参入。それぞれ4施設、15施設、2施設を
運営している。大手塾が「学習面」の強みを打ち出し、同事業に乗り出す動きも広がっている。
代々木ゼミナールグループ(同)で進学塾「サピックス」を運営するジーニアスエデュ
ケーション(同)は2月、保育と学習の機能を兼ね備えた学童保育施設「ピグマキッズ」
を開設。都内2カ所で運営している。 保護者と面談して児童個別に学習内容を決め
サピックスが開発した教材を使って算数国語などの学習ができるのが特徴。英語や
環境学習など多様なメニューも用意されている。 安田秀明ピグマキッズ事業部長は
「対象は小学1~4年生で、本格的な受験に入る前の基礎作りを行う段階。
考える力が身に付くような内容を目指している」と話す。通わせる親の多くは将来の
受験を意識しているといい、「塾の生徒の囲い込み」(安田事業部長)も狙っている。

                           (産経新聞より)

 


HPを読むと代ゼミ運営の学童は夜7時まで週五日利用すると約六万五千円。
これに毎月の教材費などあっという間に八万近くが学童にかかります。
高給取りの母親でなければとても出せない値段です。

ここからは賛否両論ありますのであくまで勝手な私の個人的な意見として
読み流していただければと思いますが、学校に併設された学童ならまだしも
学校で集団生活をしたあとさらに全く学校とは違うメンバーでの集団生活のダブル
ヘッダーは子供によってはかなりストレスや疲労を溜めると思います。
まして、ここで学習塾のように勉強を強いられるとしたらなおさら。

私は女性だから家庭や子供のために仕事をやめて主婦に専念しろとはまったく
考えておりませんが、OL時代子育てとの両立に悩む先輩や実際は子供が
できれば出世はできない企業の体質に疑問を感じ、自家営業の主人との縁が
あったときに酪農という未知の世界ではありましたが結婚に踏み切れたと思います。
私の母も悩んだ末、正職員の薬剤師をやめて子育てにウェイトを置いてくれたという
こともあり、少なくともお金ですべて勉強のことまで他人に任せようとは思いません
でした。

このニュースの一文で気になったのが経営者である代ゼミが学童は本格的に
中学受験を意識する五年生と六年生の囲い込みと公言している点です。
学童という名の学習塾でまだ低学年の生徒にもどこまで将来を見据えた
愛情を持って指導してくれるかちょっと疑問です。

働いている母親が夕食に一品はお惣菜を使ったりすることはむしろ当然だと
思いますが、特に低学年の勉強を見てやるという非常に根気のいる大仕事まで
すべて自分の仕事が忙しいということでお金を出して民間の学童に丸投げする
ことはあくまで個人的な意見ですが私にはとてもできません。たとえお金があっても。

80年代のNHKの朝ドラに斉藤由貴さん主演の「はね駒」という名作がありました。
私はOLでしたが毎回録画して観ていました。ヒロインは子供を持ちながら
女性の新聞記者第一号となった実在の女性です。ドラマの後半、娘の家事や子育てまで
それまで文句も言わずやってきた樹木希林さん扮する実母が、「お母さんが大変ならお金で
子守さん(今で言うシッターですが)を雇えばいい。私はそれだけ稼いでいる」と言った
主人公に「お前はいつから子供のことまですべて金で解決すればいいと思うような根性の
悪い女になったんだ」と本気で怒ったあの台詞は今も私の生き方に大切なことを
教えてくれたように思います。この台詞は母の世代で子育てをしながら原稿を書いていた
このドラマの脚本家寺内小春さんが私たちの世代に伝えたかったことかもしれません。

すべて子供のため自分を犠牲にして子供べったりの生き方は私もできません。
でも、民間の学童経営はあくまで利益が主目的で真に子供の将来を見据えている
とも限らないはずです。あるから便利ではなく利用する親の方も子供のことを
考えつつ利用するのがベストなような気がします。
あくまで私見ですが、働く女性で不快になられた方がおられましたらお詫び申し上げます。

フォローアップミルクからセシウム
明治乳業が製造したフォローアップミルク(粉ミルク)の一部から暫定規制値
以下ではあるものの放射性セシウムが検出されたとして約40万本を無償交換
するそうです。



食品大手の明治(東京都江東区)は6日、粉ミルク「明治ステップ」850グラム缶の
一部から1キロあたり最大30・8ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。
厚生労働省によると、粉ミルクからのセシウム検出は初めて。乳製品の暫定規制値
(1キロあたり200ベクレル)未満で、毎日飲んでも健康に影響ないレベルと
されているが、同社は「安心して使っていただくことを最優先する」とし
、検出された製品と近い時期に製造した同銘柄の約40万缶を無償で交換する。

 セシウムが検出されたのは、同社埼玉工場(埼玉県春日部市)で3月14~20日に
製造した粉ミルクを使ったものの一部。11月28日、「ステップで放射性物質が出た
と聞いた」と報道機関から問い合わせがあり、在庫分などを調べたところ、21・5~
30・8ベクレル検出された。前後の期間に製造した粉ミルクを使った商品は
いずれも検出限界値(1キロあたり5ベクレル)未満だった。
原料の粉乳は大部分が豪州など外国産で一部は北海道産だが、いずれも東日本大震災以前に
製造された。
同社は、粉乳を水などと混ぜ合わせて霧状に噴霧したものを熱風で乾燥させて粉ミルクを
作っており、「乾燥の過程で取り込んだ外気に含まれるセシウムが影響した」とみている。
同社は4月末から毎月1回程度、放射性物質の定期検査を行っているという。

                   (毎日JPより)


この情報は市民団体から報道機関に寄せられたものが発端だったようですが
できれば今後メーカー側がたとえ不検出でも定期的に検査結果を公表した方が
ベターだと思います。特に乳幼児限定食品を製造しているなら尚更。

この記事で初めて知ったのですが粉ミルクの原料の牛乳は外国産のウエィトが
高いのですね。驚きました。

私がこの記事のタイトルを粉ミルクではなくフォローアップミルクとしたのは
新生児期からの粉ミルクと離乳食開始後の生後9ヶ月頃から不足しがちな栄養を
補う意味合いで用いるフォローアップミルクでは必要度が違うからです。

一括りに粉ミルクは危ないから(たとえ出ないお母さんでも)母乳だけを
与えなさい!と一部の母乳信仰者が大騒ぎしないことを望みます。
ちょっと話がずれますが、先日九州の国立病院を相手に出産直後の低栄養が
原因とみられる赤ちゃんの重大な後遺症について両親が病院を提訴する
という出来事がありましたが、患者団体が結成されるほど、どんなに母乳が
出なくてもミルクや糖水を与えてはいけないという一部の母乳推進の病院や
助産院での痛ましい事故が多いという事実があります。

乳幼児の命を守るためにも製造メーカーも報道側も冷静で正しい情報を
公開してくれることを切に願います。

酷評
ダルビッシュ夫人の紗栄子の本がアマゾンのブックレビューで酷評されていると
ネットのニュースで出ていたので野次馬根性で見てみると本当に酷評コメント
ばかりで、紗栄子本人より編集のMOREの担当者の感想を聞きたくなりました。
本のタイトルは

「Saeko One&only 「私は私」。ルールに縛られない、おしゃれな生き方 」

酷評レビューの多数意見である身勝手、ただの自己中、ダルビッシュのおかげで
有名になっただけだろう、できちゃった結婚~すぐに離婚騒動を恥ずかしくないのか
という感想に私もまったく同感。(笑)

昭和ヒトケタの親に育てられた来年50才のおばさんの私はどうにも紗栄子的な
生き方には共感できません。嫌いだと言ったほうが正確ですが。
私はダルビッシュ投手はもちろん彼が東北高校のエースだったときから
天が二物を与えた才能の持ち主として好きでしたが、紗栄子については
ダルビッシュのできちゃった結婚の報道で始めて知りました。
少なくとも、女優の才能が認められて有名になったわけではないでしょう。
子供を二人産んでもママさんタレントでいられたのはひとえに夫のダルビッシュの
才能と知名度があってのことだと思いますが。

できちゃった結婚して、夫婦仲がこじれたときに努力もせずに離婚だと騒ぎ
莫大な慰謝料と養育料を請求して未だに離婚問題も解決せず、子供を産んでも
センスがよくお洒落なママである自分に酔っているような生き方は私も
多くのレビュアーと同じく嫌いです。往年のアメリカの人気女優
ゴールディ・ホーンのようにオスカーを獲るほどの才能もあり
結婚が上手くいかなくなったら相手に自分で慰謝料を払って別れて
新しい人生を歩んでいくような潔い女性には共感しますが。

私など40過ぎて息子を産んだので、息子の勉強や仕事そして日々の家のことで
もうヘロヘロで紗栄子の言うようなお洒落な自分をひけらかす元気はとてもありません。
でも息子の勉強が大きく成果が出たり、思いもかけず児童文学の素晴らしさに私まで
夢中になったりそんな日々は決してセレブでお洒落なママではなくとも少なくとも
知性はなくなっていないという充実感を感じます。

本当に世代の違いでわからないのですが

 大して仕事の実績もないまま会ったばかりの相手とできちゃった結婚をしたり

 子供が乳児のうちから離婚だと大騒ぎで法外なお金を要求したり

 とてもママとは思えない幼稚なスタイルで二流の仕事をしておしゃれな生き方と自慢したり

することは今の若いママさんからみると素敵な生き方なんでしょうか。
子供が可愛そうだと思う私が古い人間なんでしょうかね。ヨタ記事を申し訳ありません。
久々の資料作り
先週、県内大手スーパー(支店ですが)に営業のため製品サンプルと資料を送りました。
マージンのことなど条件もありますので、結果がどうなるかわかりませんが久々に
作った営業用資料は自分では悔いのないものを作成できたと思います。

放射性物質への対策という資料を独立して作り、組合・県からの指示書や
独自に受けてきた検査、さらに市内の定点での測定結果などをわかりやすく
まとめました。従来の資料も他社に比べて詳細なものだとこれだけは自負して
おりますが、去年の今頃はまさか放射能に関する資料を別に作るようになるとは
予想もしないことでした。

厚生労働省と文部科学省の認識にズレがあったりまだまだ国自体が模索している
段階ですが、牛乳は今までより厳しい基準が設けられたり給食は40ベクレル上限という
案が出されたり、今までのいささか甘すぎる暫定基準より安心できる基準も出来つつあり
来年はまた営業に向かう前向きな気持になりつつあります。

資料作りをしているうちに、どういう資料や数値ならある程度自分でも安心できるか
客観的につかめたように思います。基準値が納得できるものに設定されれば
ある程度過剰反応もおさまると思いますし、来年に備えたいと思っています。

スザンヌ・ファレル
1977年の映画「愛と喝采の日々」でほんの一瞬ですがパートナーの
ピーター・マーティンスとチャイコフスキー・パ・ド・ドゥを踊るシーンを
観て以来スザンヌ・ファレルは私にとって一番心奪われるダンサーとなりました。

ファレル(1945年~)はニューヨークシティバレエ団のプリマだったアメリカの至宝と
言うべきバレリーナで、20世紀を代表する偉大な振付家ジョージ・バランシンの
ミューズだった女性です。

バランシンのバレエは無駄な装飾と過剰な演技を廃し、音楽を視覚化したと評される
厳格なクラシックバレエのテクニックで踊られることに特徴がありますが、数多い彼の
ミューズたちの中でも特に容姿・技術ともに秀でてバランシンの作品をバランシンの
作品たらしめたのがこのファレルでした。

バランシンは女性美を理想化したような作品を作ることもあったのでしょうか
その時々のミューズと結婚したがる性癖があり生涯何度も結婚と離婚を
繰り返しました。偉大なバレリーナだったダニロワやトールチーフも彼の
妻だった時代があります。彼女たちに比しても自分の美学を体現したような
若き日のファレルに40才以上のバランシンが熱を上げるのは当然でしたが
25才だったファレルは40才以上年上の老振付家のプロポーズから逃げるように
同僚のダンサーと結婚し、一時はベジャールのバレエ団に移籍。ここでも
ジョルジュ・ドンと伝説的な踊りを残しました。(数年後NYに復帰)



この「ミューズを導くアポロ」の踊りはバランシン初期の名作で今も
世界中で踊られていますが、ファレルとピーター・マーティンスの黄金コンビの
踊りはまさにバランシンバレエの真打でファレルというバレリーナは技術以前に存在
そのものがバランシンの理想美だったと見とれるばかりです。

ファレルは1989年の引退後、世界中でバランシンバレエの指導をしており
彼女の偉大なパートナーのマーティンスはバランシンとロビンズの跡を継いで
ニューヨーク・シティバレエ団の芸術監督を務めています。
バランシンの作品は多くの名ダンサーが踊っていますがファレルがかつて
踊ったからこそ名作になった作品も多いと思っています。

国語能力
先日の田中前沖縄防衛局長の更迭事件は、最近では珍しくないオフレコ発言を
報道されたことが発端ですが、オフレコ会見自体の是非や、そこでの発言を
公開するマスコミとの信頼関係云々などの高尚な問題ではなく私がいつも疑問に
感じるのが

 ① 年齢と経験を重ねた筈の大人が人の口に戸は立てられないという
   小学生でも耳にしている格言がわからないのか?

 ② 今回の田中氏の発言のようなどうみても品位を欠く発言をしてしまう
   人間は普段の私生活でもこの手の感覚の発言をしているのか?

という極めて原始的な疑問です。

①ですが、私個人は本当の本音を隠さず話せる人間は家族以外の友人では5人もいません。
この方たちは、同性でもある意味恋愛感情に近いほどその存在を自分と同じくらい
大切に考えている人間でたとえ「ここだけの秘密にして」という枕詞をつけなくても
お互いに打ち明けられた話を世間に向かって話すような裏切りはしない仲だと
お互いに信頼関係があると思っています。

要人側にしてみれば記者との間に信頼があると錯覚しているのかもしれませんが
やはりそこは記者。不用意な発言をあるいは獲物を狙うように待っているかも
しれません。私は人を信じないわけではありませんが平凡でも50年近く生きて
いれば、本当に信頼できる人間そう多くは出会えないものだと感じています。

子供の頃他愛ないことでも「ここだけの秘密」という打ち明け話が次の日には
公然の事実になって恥をかいたりした経験は誰でもあると思います。
ここで学習しなければせっかくの地位をだめにする失態を犯すことにもなりかねません。
エリートであるはずの大人がどうしてこんなことも分からないのでしょう。

②については、つくづく学歴や地位と言葉を操る能力や教養は別ものだと
変な意味で感嘆しています。ましてセクハラとかモラハラとすぐに批判される
このご時世では性的に嫌悪感を感じさせる表現をすることは人として論外だと思います。

言葉は心を込めて使うべきです。こういうニュースを見るたびに本題の
政治問題よりも国語能力がいかに人生で大切か生きた教材として息子に
解説してやっています。



曾孫
昨日の日記でも少し書きましたが、一昨日ベーベの曾孫のメスが無事に生れました。
ベーベは私が嫁いでから初めて生れた子牛で、性格も人懐こく工房の名前にするほど
可愛がっていたのですがお産の経過が悪く2003年に亡くなりました。

ベーベは二頭の後継牛を残してくれましたが、次女は一産しただけで変胃で急逝し
長女が残してくれた孫の二代目ベーベだけが残って頑張ってくれていますが
この牛が三回目のお産で元気なメスを生んでくれました。

005_20111201085625.jpg

祖母の名を取ってルルと名づけたこの牛は体もしっかりしてミルクも上手に飲み
とても元気です。父牛がそうなのかもしれませんが顔に二つのつむじがあるところ
や顔立ちが曾祖母のベーベにそっくりです。

傍から見れば牛乳を出すだけの乳牛に見えるかもしれませんがいくつかの
ファミリーラインがありそれらが命を繋いで現在の私たちの牧場があります。
何頭もメスを産みさらにその子供もメスを産んで血を繋いでゆく系統もあれば
オスしか生れず残念ながら血脈が途切れてしまった系統もあります。

過剰に思い入れはしないようにしましたが、一頭だけ残ったベーベの系統に
元気な後継牛ができたことは本当に嬉しいことで安堵しました。
今年は異常なほどメスが生れませんでしたが一年が終わる頃になって
大きな喜びがありました。

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。