<<10  2011,11/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供の読解力
私の息子への国語の家庭での教育の心の支えにしている本に麻布中学・高校の
国語教師である中島先生の読書に関する名著があります。
読書や文章表現力がなまじの目先の点数よりいかに生きる上に大切かを
教えてくれる素晴らしい一冊です。

小学生のための読解力をつける魔法の本棚小学生のための読解力をつける魔法の本棚
(2009/07/03)
中島 克治

商品詳細を見る


麻布といえば浪人を入れれば東大に三桁人数を送りこむ名門ですが、それもあってか
この本の中で中島先生が例として出される小学校六年生向けの国語の読解問題は
内容難易度共に非常に難問で、よくも悪くもいろいろなことを考えされられました。

題材は芥川龍之介の「杜子春」と遠藤周作の「海と毒薬」でこれだけでも凄い。
杜子春の出題はいずれも40字以内で答える記述式で、物語の最後、ある種の悟りの
境地に達した杜子春が仙人の手を思わず握ったときの気持を述べよという問題には
良くも悪くも唸りました。

これは思わずいろいろな感慨で感極まった杜子春が言葉だけではあふれそうな
思いを手を握るというスキンシップで思わず伝える場面ですが、秀才とはいえ
11~12才の小学生(特に男児)が果たしてそこまで想像できるのかと思いました。

この杜子春の気持は、人によっては恋愛をして初めて知るでしょうし
あるいは我が子を手に抱いて初めて知る気持かもしれません。いずれにしても
利発でも小学生が読解力や受験勉強で知る気持ではないと思います。
それでも麻布に合格する児童ならぬかりなく塾で技術を身に着けるのでしょうが。
幸い息子に受験させたい県内の中高一貫のミッションスクールはこのような
難問は出ないのでその意味では安心なのですが。

レベルは高いですがこの中島先生の言葉はとても柔らかく親の心に
ストレートに読書の大切さを教えてくれます。ご自身麻布~東大の出身
ですが、受験勉強だけできて読書や芸術にも触れない秀才よりたとえ私学や
浪人して東大という生徒でも読書力や文章表現力、芸術的感受性を備えた
生徒の方がよほど素敵な大人となっているという趣旨のことも述べられています。

麻布に行くような六年生はあるいは大人の感受性もあるかもしれませんが
やはり国語力は算数と違い(うちも息子もまさにこの例)教科書と本だけでは
身につくものではない難しさがあります。あせらず日々の会話も大切に息子の
国語の家庭教育には向かおうと日々を送るようにしています。

六年生のときの私の愛読書は、教科書でさわりをやってはまったシェークスピアの
リア王とロミオとジュリエット。(乳母の猥褻な台詞にどきどきしました)
インドの聖者を描いた「ガンジー伝」そしてツルゲーネフの「初恋」と
親の本棚でこっそり見ていた「クリムト画集」でした。早熟な子供でしたが
それでもあの杜子春の問題にはおそらく手も足も出なかったと思われます。

スポンサーサイト
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。