<<10  2011,11/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誰のために働くのか?
TPPに関する展開も気になるところですが、オリンパスの粉飾決算問題も
OL時代に財務部門にいた経験があるので非常に関心があります。

バブル時代からの損失隠しが何故今まで当局もわからなかったのか。
解任されたイギリス人のマイケル・ウッドフォード元社長の告発がなければ
今でも菊川会長の治世が続いていたのでしょうか?

今日の朝のみのもんたの報道番組でロンドンのマイケル・ウッドフォード氏への
インタビューがありました。その中で印象的な言葉がありました。
ウッドフォード氏は企業買収の資金に不透明なところがあると森副社長に
厳しく事情説明を求めたそうですが、森氏は沈黙するばかり。苛立った
ウッドフォード氏が森氏に「あなたは誰のために働いているんだ?」と聞いた
ところ「菊川さんのために働いている」と答えたそうです。

前会長の巨額の借金で騒ぎになっている大王製紙で創業者一族が異常な
権力を握っていることでも疑問なのに、同族会社でないはずのオリンパスで
この関係には驚きました。オリンパスに限らずこのように異様なばかりの
忠誠心という名の主従関係は時に取り返しのつかない損害を社会に与える
ように思います。小沢元代表と逮捕起訴された石川議員の関係もそれに
似ているように感じます。

時には上司や経営者の方針についてゆけなくても生活のために妥協しなければ
ならないことは悲しいけれどあると思います。でもそれにも限度があるでしょう。
菊川会長が損失隠しをしろと言えばその通りにする副社長や監査役。そして
おそらくは悪知恵を授けた会計士などの専門家。
森氏もおそらくそれなりのエリートなのでしょうが20年以上も悪事を黙認し
外国人の社長に「誰のために働いているのか?」と詰め寄られ刑事責任も
視野に入る現在、空しさを感じないのでしょうか?

私は人として忠誠心はありますが、魂や良心を売ってまで仕事をするのは御免です。

スポンサーサイト
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。