<<04  2011,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プレイ・アマデウス
お勧めのCDの紹介です。
現在は中古でのみ入手可能ですがジャズピアノの巨匠チック・コリアと
ジャズ歌手兼指揮者としても有名なボビー・マクファーレンの共演による
モーツァルトのピアノ協奏曲23番と20番のディスクです。

チック・コリア

チックはジュリアード出身でキース・ジャレットとともにクラシックだけでも
当代を代表する演奏家になれたであろうと思われます。
23番についてはモーツァルトのピアノ協奏曲で最も好きな曲で他の日記で書いたので
今日は20番について書きたいと思います。

ピアノ協奏曲位第20番ニ短調はモーツァルトの代表作ですが壮重でいささか陰鬱な
この大作が長年どうも苦手でした。ところが即興のイントロつきのこのチックとボビー
の版を聴いて、どうして20番が作曲当時からインテリ層にも好まれ、モーツァルトの
ピアノ協奏曲の中でも最高峰と評価されているか、理屈ではないのですがよくわかりました。
いったん好きになるとこの曲は心を虜にする魔力がありますね。
地の底から湧き出るような低音のイントロが始まり即興性に富んだピアノの
魅力は年齢を重ねて初めてわかる奥の深い味わいがあります。



画像が悪いのですが1986年に東京でチックが演奏した20番です。このときは
キース・ジャレットが23番を弾いています。

キースのモーツァルトのCDも長年聴いています。
個人的感想ですが、のびやかで端整な23番はキース、思索的で陰影のある
20番はチックに軍配でしょうか。

二人のクラシックを聴くたびに若き日にジュリアードに留学した
中村紘子さんの「アメリカで初めて音楽を学んだ。それまではピアノ道
だった」という言葉が心に浮かびます。


スポンサーサイト
ブラウンスイスの近況
ブラウンスイス子牛ハイジ(息子がつけた名前です)の近況です。
1月に前橋の知合いの牧場で生まれ3月31日にやってきました。

大きいよ!と言われていましたがたしかにデカイ。(笑)
でも大人しくて丈夫で毛色がなんともチャーミングな牛です。
うちに来てからはどんどん逞しくなり月齢が上のホルスタインたちに
負けずに餌も食べています。

ブラウンスイスはチビのくせに癇症が強く早熟なジャージーより
かなりおっとりしています。でも改良の進んだホルスタインより野生味が
強いような気がします。はじめは気のせいかと思ったのですがホルスタインより
体臭が強く、目をつぶっていてもどこにいるかわかります。
考えてみれば乳肉兼用種の牛なのでホルスタインとはどこかが違うのだと思います。

ハイジ

 人によく慣れていてカメラを向けてもこの通りおっとりと座って
 動じません。性格の良さはホルスタインより上なのではないでしょうか?


プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。