<<02  2011,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずヴェネツィア人、その次にキリスト教者
タイトルの言葉は塩野七生さんのデビュー作にして私の座右の書でもある
「ルネサンスの女たち」の中のカテリーナ・コルネールの章のサブタイトルに
なっている言葉です。

世界で一番長く続いた共和国がヴェネツィアです。
国家にしても企業にしても、長く一つの形態が続いてゆくためには
外敵への的確な対応や時代を読む目が必須事項ですが、自分たちにとって
何を置いても最優先するべき信条やスタイルが何かを明確にして生きてゆく
ことは何より大切です。私はこの本を17才の時から読んでいますが
最近になってこの「まずヴェネツィア人、その次にキリスト教者」という
言葉はそのような生き方を指すのだと自分なりに理解できるようになりました。

自分の人生を格言に重ねることはあまり好きではありませんが
この言葉だけは大切にしています。この言葉に従えば私の人生は

 「まず母親、その次に職業人」

というところになると思います。

私が農業を取巻く厳しい環境の中、プロ根性を奮い起こして
努力している原動力は一にかかって息子をきちんとした人間に
成人させて社会に送り出すためです。知性と感性を磨くための
教育費用や親子で日々を安心して送るための費用を自分たちの
手で稼ぎ出さなければなりません。そのために牛を健康に飼養し
安全でおいしい製品を作り出すことをできる限り長く続けたい。
正直言って、日本や地域の農業振興という壮大な一般論より
そんな平凡なことの方が私にとってずっと大切です。

ヴェネツィア人のように合理的に平和裏にできるだけ
安定を長く維持したい。私の職業人としての信条はこれに尽きます。

コルネール


 カテリーナ・コルネールはヴェネツィア貴族の令嬢から最後の
 キプロス王国の王妃になった女性です。受身な生き方の女性ですが
 故国ヴェネツィアに平和裏にキプロスを併合させ穏やかな晩年を
 それなりに楽しく生きたいかにもヴェネツィア人というべき女性です。
 この有名な肖像画は日本でも公開され私も京都で鑑賞し忘れられない
 印象を残してくれました。

  
スポンサーサイト
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。