<<07  2010,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
牛の個体識別情報は何のため?
牛の個体識別情報とは2001年に国内でのBDE発生~甚大な風評被害を
受け設けられたシステムです。
牛が生まれた時に10ケタの番号を与え黄色いタグを耳につけるので
私たちは耳標と呼んでいます。

この10ケタの番号は牛が生まれてから死ぬまで持っている番号で
売却したときや屠場に出したときには、牛を出した生産者も牛を
受入れた市場や屠殺場でもこの番号を入力し牛が現在どこで
どのような状態になっているかPCで検索するとわかるようになっています。

家畜改良事業団HP

個体識別情報は何のためのシステムでしょうか?
それは一般の消費者に安心して牛肉を食していただくためのものです。
その牛がどこで生まれてどこで育てられて肉になったかの責任所在を
明らかにするためのものです。これをトレーサビリティと言います。

あるブログでこのシステムだとどの種牛の子供かわからない
たとえ人気種牛の種が盗まれたストローで種付けされたものでも
わからないと軽くシステムの不備を指摘する記事がありましたが
牛の個体識別システムはあくまで消費者が安心して国産牛肉を購入
するためのもので、種牛の価値を検索するものではありません。

宮崎で一応の終息宣言が出たこともあり私も以前ほど口蹄疫関係の
ブログを読まなくなりました。関心がなくなったということではなく
あまりにも煩雑な情報が常連者同士で交わされて読んでいて心地よい
ものではないブログが多くなったからです。自分が牛の飼養をしている
わけでもないのに個体識別制度を批判することには疑問です。

牛の個体識別はあまりにもひどかった2001年のBSE発生時の
風評被害を受けて作られたシステムです。
それ以上でもそれ以下でもないもので、それ以上のことを知りたければ
別のシステムを提言するなり自分で調べるべきことです。

10ケタの番号の管理は存外に神経を使うものです。
このシステムが稼動して10年。産地偽装もほぼなくなり
私はこのシステムを酪農家として評価しています。

スポンサーサイト
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。