<<06  2010,07/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超多忙でした
毎日せわしなく動いている日々ですが、それにしても昨日は
不慮の出来事に振り回されて文字通り一日中忙しかったです。
不慮の出来事というのは ↓ でも書いたゆうパックの遅配です。

  

   午後4時にかかってきた7/2到着予定の取引先の荷物が
    7/5現在まだ届かないという電話  

現在の荷物の状態すら把握できていない郵便局の担当にマジギレ。
すぐに取引先にお詫びをし(さすがに怒られることはありませんでしたが)
明日発送の荷物で特に時間指定の厳格なものは、ヤマト便で送ることに
したのですが、事情を言って伝票を届けてもらい牛舎から帰って息子を
寝かせてから夜なべで伝票書きでした。(普段は予め宛先を印刷した伝票を使用)
ヤマトとの送料の差額は郵便局に負担してもらうことにしました。
こういう自分の責に帰さない理由で不毛な忙しさを強要されることは
本当に疲れるし腹立たしさを感じます。

ところで煽るわけではありませんが、皆様も遅配による品質劣化で
商品を送り直す時は、きちんとゆうパックを運営する郵便事業株式会社に
補償を請求して下さい。何気なく宛名のラベルを書いて送っている
宅配便ですが立派な運送の契約です。だから明らかに今回のように
運送業者側の責に帰すべき理由による大幅な遅配やそれに起因する
品質劣化などは債務不履行となり民法上、損害賠償を請求できます。
何よりも大切なのはお客様に遅配の迷惑をかけないことです。
そのためにかかった余分な経費を請求することは決してケチでも
お金に汚いわけでもないのできちんとやることが賢明です。

付け加えさせていただきますと。私の大学のゼミ論のテーマは
「債務不履行と瑕疵担保責任論」でした。
まさかこんな場面で役立つとは思いませんでしたが。




スポンサーサイト
The turning point
先日書いた高速のSAへのヨーグルトの納品ですが
先方にとって大切なかき入れどきの夏休み&お盆に迷惑を
かけないためにも取引を休止する方向で考えています。
代わりに酪農家から牛乳を買ってビン入りの牛乳やヨーグルトなどを
作っておられる吾妻の小さな乳業メーカー(話をしたら高速での仕事は
是非やりたいと喜んでいただきました)を本社に推薦しようと思います。

理由は先日書いた通りなので繰返しませんが、今年のお盆は義父の新盆で
法要をしなければなりませんがその週に休むことに難色を示されたことも
あります。(他の取引先はすべて気持よくご理解いただきました。)

仕事を自分で管理できる量に制限しようと思った理由の80%は
酪農との両立の難しさや、限界を超えた製造は品質や安全性に
支障が出る懸念があることです。そして20%は私の個人的理由です。
来年小学生になる息子にきちんと向き合う時間が必要なことや
丁寧に思いを込めて仕事をすることへの譲れないこだわり
を自分のスタンスとして素直に認めようと思ったのです。
私のプロとしてんのキャパシティの低さかもしれませんが自分の
世界を少しは楽しむ余裕がないと良い仕事ができない人間です。

話がかわりますが、1970年代のアメリカ映画には女性の自立や家庭との
両立を問いかけた名作がいくつかあります。
その一つが1977年公開の「The turning point」(邦題は愛と喝采の日々)
でバレエ界を舞台にした作品ということもあり私の好きな作品です。

独身を通し一流のスターダンサーになった女性と家庭を持ちバレエから
引退した女性。彼女の娘でスターを目指してNYのバレエ団に入った娘。
恋愛に翻弄されつつもスターへの道を歩み始めた娘が母に問われて
「私はバレエも彼も両方欲しい」と凛と答える場面は女性の新しい
生き方を問いかけたと公開当時新鮮な驚きを与えました。




当時高校生だった私もこの言葉に影響を受けた一人で、仕事も続けたい
けれど、家庭や子供も欲しいとずっと願ってきました。
現在の自分にとって仕事は生活の糧を得るだけでなく自分の
人生の表現の場でもあり本当に大切なものですが、それと同じ
くらい大切なものが息子との時間など私的生活の部分です。
(外に働きに出ている女性に比べたら恵まれていますが)遅ればせながら
女性なら一度はぶつかる仕事と家庭の両立に悩んだこの数ヶ月でしたが
ようやく自分なりの方向を見出せたように思います。

改めて感じたのは、仕事も家庭も自分らしい楽しみを感じながら
打ち込みたいという自身の貪欲さです。
公私共に楽しい人生を悔いなく送るためにこれからも頑張ります。



プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。