<<03  2010,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
商売人になりきろう
農家が自分のブランドで製品を製造し販売(営業)をすることは
相反する二つの資質を要求されることになります。

 農業者としての生産....根気・ある種の達観性

 商売人としての外部との折衝....臨機応変さ・度胸

もちろんどちらも真面目さ、向上心が基礎にあってのものです。

私も最初の1年はそうでしたが、農家が商売をするときに
よく言われるのが「農家だから商売の経験がなく自信がない」
ということ。そんな風潮があるからセミナーやコンサルタントが
戦略と称して農業部門にも盛んに入っているのだと思います。
私のささやかな経験でしかありませんが農家だからといって
特別な研修をしなければ商売ができないということはありません。
(私は会社員時代も営業の経験は皆無です)

農家でも自分の製品を営業して収入を得る以上
商売人になりきるべきだと思います。相手の立場を
考えながらお互いの利益をすり合わせ気持ちよく長く
続く商いを続けること。これが商売の本道です。

時にはお詫びをしないといけないことや
これは受入れられない条件だと毅然と言う必要も
ありますが、農家でもプロとして商売をする以上
「素人だから」と怖気づく必要もないし逆にそれを
言い訳にすべきではないと思って今まで努力したつもりです。

商売は難しく考えればキリがないけれど誠実な製品を
誠実に営業をする気持ちがあればあとは経験が育てて
くれると思います。時に利益率のことや用語がわからなければ
プロの商人に聞けば教えてくれるので心配は無用です。

一つだけ心がけているのは商売をする時は商売人に
なりきるということです。
なりきる、という言葉は高校の恩師が卒業の時に
教え子に伝えてくれた言葉です。酪農の時は
酪農家になりきり、商売のときは商売人になりきる。
難しい経営論は一切読んだことがありませんがなりきる
という言葉はもう30年間私の生きる指針になっています。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。