<<03  2010,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
期末還元金の使い途
組合所属の酪農家には年度末になると組合から期末還元金という
一種の株式配当(のようなもの)が支払われます。
私も詳しい定義は説明できないのですが、組合が牛乳や飼料の売上の
利益を組合員の実績に応じて配分するものです。
今回は組合の運営が順調だったようで60万円以上の還元金を
いただきました。本当にありがたく思います。

その使い道ですが......!
30万円は今年購入したバーンクリーナー(300万円弱)のローンの
支払いに充てることにしました。毎月5万円ローンを3年なので
6ヶ月がこれで短縮されることになります。

我家では基本的に私が通帳の管理をしています。
私は基本的には無借金経営が望ましいと考えているので
還元金などである程度まとまった余裕があるときはなるべく
機械のローンの支払いに充当する方法をとっています。
自営業はいつ何でまとまったお金が必要になるか不明なので
健全財政が基本です。私が役人の娘で質素に育ったこともあるのでしょう。

私は自分の給料(というか小遣い)ではアマゾンで本やCD、息子の
おもちゃや洋服、さらにちょっとした贈り物やお取寄せなど
ちょこちょこ浪費は頻繁にしていますが経営の
基本部分は極めて堅実だと自認しています。
あ、主人もちゃんと小遣いは持っていますよ。
手駒になる価値
関越道の駒寄SAにヨーグルト出荷するお話は担当者の
熱意もありトントン拍子に話が進む展開になりましたが
商談の時に担当者の手元にあったベーベ工房の資料をさりげなく
見ると実は的確で綿密なリサーチ力で目を留めて下さったことがわかりました。
(去年、支社の担当者には実際に試食していただき資料は送付しています)
特にサイトを検索されたのかベーベ工房の製品が紹介されている記事も
印刷されて、口コミや評判もしっかりリサーチされていました。

ここ数年、週末に料金が安くなり高速道路が注目されPAやSAで
売られるものの中には強い情報発信力を持つものもふえました。
また、SAやPAは場所毎にいろいろな管理会社が運営し
会社間の微妙なライバル意識も、担当バイヤーの商品選定の目を
より肥えさせているのでしょう。

高速関係に限りませんが、バイヤーの立場から見ると扱いたい
商品とはストレートな表現ですが

   戦う手駒になる商品

だと思います。前提として安全でおいしいことは当然です。
その上で外観、価格、個性が頭一つ抜けている存在のもの。
そんな個性があるものでなかれば目に留まることは難しいでしょう。
私たちの製品にもしそんな魅力があると見出して下さったなら
本当に嬉しいことだと思います。

ところで群馬県が公募~選定した「群馬食材セレクション100」が決定しました。
野菜や肉や乳製品など県はこれら選ばれた100の食材の県内外でのPRをするそうです。
うぬぼれや感情論と思わないでいただきたいのですが
ベーベ工房のヨーグルトは生産量の少なさがあるのかヨーグルト部門に選ばれませんでした。
この結果に数人の方に「何で?」というお声をいただき嬉しかったです。
この結果には特に何の感慨もありません。ただ、一言申しあげると行政のお墨付きが
あっても真に魅力のあるおいしい製品しかバイヤーも消費者も手にとってくれません。

強がりでもな何でもなく、お役所には評価されなくとも売る現場の最先端を
行く会社のバイヤーに私たちのヨーグルトが戦える手駒として評価され
一緒に小さくてもブームを作りたいと評価されたことだけで十分に幸せです。


ご当地モノ
昨日、関越道の駒寄PAへのヨーグルトの納品のための
契約書類を持って担当者お二人がお越しくださいました。
来週には少量ですがベーベ工房のヨーグルトが店頭に並びます。

最近の高速道路のSAやPA事情を伺うと数年前とは
ご当地モノの品質が格段に上がったことが改めてわかります。
私がたまに高速を利用した時もスターバックスが入り
地元の材料から吟味されたお漬物やお菓子に目を奪われたものです。

10年以上前ですが私が(競馬ファンなので)北海道の社台ファームに
見学に行ったときに空港の売店で「北海道のラベンダーソープ」
なる石けんを買ったのですが帰ってラベルを見たところ
ラベンダーの天然成分ゼロの大坂の工場製の石けんで唖然としました。
もちろん当時からSAやPAにも本当に素敵なご当地モノもあったのでしょうが
安かろう悪かろうどころか高かろう悪かろう的ないいかげんな
食品も多かったと思います。

最近は週末に高速料金が安くなることもあり格段にSAやPAが
混雑し、品揃えにも注目が集まるようになりました。
当然目の肥えたお客さんも来るわけで生産者や原材も
以前にくらべてしっかりと読んだ上で購入される方が増えたそうです。
今回、ベーベ工房のヨーグルトに強く注目して下さった理由は

 ① オリジナルビンが可愛い
 ② 生乳100%のおいしさがある
 ③ 地元の酪農家が生産者というまぎれもないご当地モノである

と言うことに尽きると思います。

群馬に来られてまでわざわざ(たとえ群馬産と表示されていても)
製造所が関西の製品を手に取りたい方は少ないでしょう。
高速道路の注目度が上がったことでスーパー以上に
地産地消の総本山にSAやPAはなりつつあるのかもしれません。

私たちは気負わず安定した品質のヨーグルトを提供するだけです。
頑張りますよ!
 
プロフィール

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。