<<01  2010,02/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分で発信すること
昨日は、委員を務めさせていただいている第二回目の食品安全県民会議でした。
次期食品安全基本計画の説明や討議など興味深い会議の内容でした。

食品安全県民会議は生産者・学識者。流通関係者・マスコミ関係者・消費者と
さまざまな分野から委員が選ばれているのですが、私はこのうち公募で
選ばれる消費者分野の委員の一人なのですが、昨日はBSEの検査のことなどは
生産者の目線で会議で質問したり発言をさせていただきました。

昨日はある委員が、群馬県が一般の県民向けに行っている食の安全や食育
に関するセミナーや見学会などの様子をもっと、チラシなどを作って
一般に発信するべきだと提言をされました。私はこの意見に対し全てを行政に
頼るのではなく、委員の一人としてあなたもブログなどで楽しみながら発信してみては?
と申し上げました。

私がこのブログを始めたのは2008年1月。丸2年がたちました。
全てが満足のゆく記事ではないけれど、生産者として自分の製品のことや
酪農のことは自分の手で発信することがでできてよかったと思います。

畜産関係者に物心共に打撃を与えたBSE騒動が2001年。その最中の2002年1月から
3年間お取引先でもある東京のチーズ会社フェルミエさんの会報でエッセイを
書かせていただきました。時々は趣味の音楽やバレエのことも書きましたが
生産者として一人でも酪農や食の現場のことをわかっていただきたいと思いを
込めて文章を綴る一種の醍醐味はこのエッセイで培うことができたように思います。

私はもうひとつの趣味ブログでは友人との交流を楽しみつつ、家族のことや
趣味のこと(最近は高橋大輔選手のことが多い)を能天気に
書いていますが、こちらでは自分の備忘録として、思考プロセスの記録も兼ねて
ベーベ工房や食のことを書いています。別に何を発信するという義務感はありませんが
生産者としての考え方を発信する意味はそれなりにあるように思います。

私はもともと書くことは好きで小学生時代からたくさん賞状もいただいたので
ある程度は適性があったのでしょう。ブログという気楽な立場ですが書き続ける
ことができているのは、こういう言い方は非常に恐縮ですが食品表示ウォッチャー
出身の他の女性の委員に比べ、ある種の危機感が違うからだとも考えています。
(それがあったから現代農業で連載を依頼されたと思います)

私にとって書くことの意味にはもうひとつ。
それはとかく今まで思われがちだった、農家の女性は読書きに無縁という
イメージを打破したかったこと。群馬県は農村女性の啓蒙のために数年前
有名な女性アナウンサーを講師に2年がかりのセミナーを行いました。
私はこういうどことなく上から目線の企画は嫌だな。
私にとって書くことは自分は大切にすること。そんな意味もあります。



スポンサーサイト
こだわりの品
昨日、日帰りで出張に行きごあいさつに伺ったのは
高級スーパーとして有名な三浦屋さんの松庵店(杉並区)です。
昨秋から月に1回のお互いに無理のないペースでヨーグルトとチーズを
直接に納品させてていただいています。

三浦屋HP

三浦屋さんはスポット的な商品は各店のバイヤーに裁量を与えておられて
同じ東京都内でも店ごとの個性を大切に安全でおいしい商品を扱って
高級スーパーとして高い評価をされています。

昨日はたくさんお買物をして宅配で送りました。
それが↓の品々です。

三浦屋


  ソース......鎌倉の三留商店の薬膳ソース。
        スパイシーで添加物のないプロにも評価の高いソース

  松田マヨネーズ....埼玉で作られる新鮮な卵と菜種油、はちみつで
           作られるマヨネーズ

その他新宿中村屋のカレールー 、キューピーのピーターラビットの 
ガラスびん入りのマヨネーズ。スペイン製のスヌーピーのクッキー。
水炊きの本場・福岡の水炊き用のスープなど。

松庵店は決して交通至便な位置ではなくそれほど大きな店舗では
ありませんが、日曜日の昼は常連客で込み合っていました。
上のラインナップを見てもわかるように家できちんと料理をする
お客さんが多いのが特徴です。

こだわりの品といってもべらぼうに高いものでなく
せいぜい100円高い程度ですがいずれも生産者の信条が伝わる
逸品ぞろいです。

担当者はじめスタッフは私の訪問を喜んで下さいました。
やっぱり生産者自らの言葉は違うそうです。
とても有意義で幸せなひとときでした。


  
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。