<<11  2009,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブランドは自分を表現すること
マスコミに出れば製品が売れてブランドになるのかというエントリーを
いささかラディカルに書いていて思ったことがあるので少し。

ブランド戦略セミナーなどを小さな農家向けに行政が無料で開いてくださることは
本当にありがたく思います。ただ願わくば視点としては間違ってなくても
講師の所属する会社に依頼したら莫大な費用が発生したり、あたかもセミナーが
企業の宣伝の場になるようなセミナーのあり方はご一考いただきたいと思います。

私たちのように家族経営の農家ブランドがきちんと利益をあげてゆくためには
無駄な費用をかけないことも必須条件です。効果がなくてもその会社に
仕事を頼んだら数十万円の費用がかかるようなハイリスク・ノーリターンな
ことには手を出さないことです。どうして自分たちの手で努力と工夫をすれば
宣伝もデザインもメディア対策だって決してできないものではない、という
スタンスのセミナーが開かれないのかと思います。

私の座右の銘に自分で考えた変なものですが

  「お金がなければ頭とセンスで補え」

というものがあり、私はこれを基本にずっと動いてきました。
今ではすっかりおなじみになったヨーグルトのビンのベーベの牛のイラストも
ビンに書いている文言も、親友でもあるイラストレーターのナカシさんに
イラストをお願いしてのしおりやパンフレットのデザインや文章も全部
自分でやりました。もちろん営業用の詳細な資料も全部自分の手でやりました。
別に自慢でもなく、お金の余裕がなかったからです。でも続けてゆくうちに
イラストのファンができたり喜んで下さったり反響をいただけるようになり
デザインをしたり製品を通じて思いを表現する喜びに目覚めていったのです。

農家が農業の傍らに自分の製品をブランド化してゆくことは本来自分を
表現したいからではないかしらん?義務感で嫌々ながらやってゆくものでは
ないはずです。自分を表現できる貴重なアイテムが私たちで言えばヨーグルトや
チーズなのではないかしらん?そんな風に肩の力を抜いて人生を楽しむ手段に
製品をしていって欲しいと特にこれからブランドを持ちたいと思っている
若い方には40代のおばさんとしては伝えたいと思います。

私はかなり敏感なところがあるので自分の製品に関わってくださる方の
人柄はとても大切に思っています。イラストのナカシさんは思いやりのある
素晴らしく品のよいお嬢さんです。だからこそ彼女にイラストをお願いしています。

農家がブランドを手がけたいなら作るだけではなく、好奇心を欲張りに張ってできる限り
自分の手でやりましょう。人間にはお金がなくてもそれを補うセンスがあるはずです。
少なくとも考えることなく莫大なお金を出して業者に丸投げすることはやめましょうね。



スポンサーサイト
心の機微
今晩は主人が組合の忘年会で伊香保に泊まるのでヘルパーが来てくれています。
今年最後のチーズの出荷を終えてほっと一息です。

この仕事をしているとどうしてもベーベ工房のことや酪農の仕事関係で
知り合う方が多くなりますが、私は最終的には仕事も何も関係なく
「けいさん」という私個人に興味を持って仲良くしていただきたいです。
多分、イラストのナカシさんやまこやんや料理人のお友達も
そうやって接していただいていると思います。何年たっても仕事の話しか
できない方って何だか寂しい気がします。

小さなベーベ工房の仕事を極めようとするほどに私は普通の女性としての
生活や会話をかけがえのない宝物だと思うようになりました。
知る範囲でもやり手の女性経営者、夫も子供もお孫さんも
ついでに公然の愛人までいらっしゃるタフな方もおられますが私は
そろそろ自分の限界も見えてくる年齢となり、派手なスローガンの
目標を立てたりパフォーマンスをするより日々の仕事や子育て
に追われる日々の中で自分なりの表現や仕事の方法を極めてゆきたいと
思っています。そんな日々積み重ねが仕事に反映できれば本望です。
(そんなこともあり↓に書いた派手なコンサルタントが苦手なんだと思う)

来年は私は年女です。寅年でしし座というツワモノです。
(血液型はA型です)
20代~30代と違いこの年齢になるとこれから先はもう若いときほど
いろんな方とは出会うことはないだろうと思います。
それだけに寄せられた愛情(友情や家族愛や人としての好意)は
十分な感謝を持って受け止めたいと思います。心の機微には年を
重ねるごとにデリケートな感性を持った情趣知り(わけしり)で
ありたいと思うこの頃です。


プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。