<<11  2009,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リコッタチーズとほうれんそうのニョッキ
友人の料理人たむちんが先日、彼の古い友人でもあるイタリア料理研究家の
みゆきさんの教室で一日料理教室を開きました。
今年の秋に収穫したばかりのオリーブオイルやベーベ工房のリコッタチーズを
使ったトスカーナの郷土料理のフルコースです。


絞りたてオリーブオイルを使ったブルスケッタ・きのこのクロスティーニ
ストロッツァプレーティ ほうれん草とリコッタチーズのニョッキカント・デル・マッジョ風
ポルペットーネ( 牛ひき肉のミートローフのような物)
ジャガイモとネギのスフォルマート(型に入れてオーブンで焼いたグラタンのようなもの)
林檎のトルタ(デザート)

というのが献立です。

リコッタを使って作って下さったのはほうれんそうとリコッタのニョッキ。


ニョッキ

みゆきさんが送ってくださった写真を使わせていただきました。
ニョッキはパスタの一種です。(私的にはすいとんのイメージ)
このレシピはリコッタとほうれんそうと卵と小麦粉で作るそうです。

ニョッキ2

これができあがり。バジルの香りをきかせたバターソースをかけます。

たむちんのお料理は生徒さんに大好評だったそうで、今度はみゆきさんが
このレシピで次回の料理教室で教えるそうです。こうやってレシピが伝授されて
いくことは素敵ですね。

みゆきさんはイタリアに詳しい方ですが、イタリアで使っているような農家製の
フレッシュなリコッタが日本で入手できないことが悩みだったそうですが
ベーベ工房のリコッタを本当に喜んで絶賛して下さいました。

リコッタチーズはイタリアでは料理にデザートにたくさん使われるそうです。
日本ではまだまだ知られていなくてプロの料理人ですら使ったことがない方も
多いのが現実です。たむちんのこのレシピは生徒さんも喜ばれたそうですが
私たちにとっても素晴らしいプレゼントになりました。お二人に感謝!

みゆきさんの本がなければ、たむちんとリアル友人になることはなかったでしょう。
それにしても誠実で温厚な彼は、私も含めオーバー40の女性に
大切にされること。年上キラーですな。彼は。絵文字名を入力してください

スポンサーサイト
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。