<<11  2009,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体に良いもの悪いもの
またしてもまこやんのブログの引用で恐縮ですが。
まこやんがトランス脂肪酸のことに触れていました。

D-1ブログ

化学式などの定義は飛ばして簡単に言うとマーガリンやショートニングなどの
油脂の構造が自然界にはないトランス脂肪酸というもので、まこやんも書いているように
あまり健康には望ましくないものではないかと言われています。
実際に心疾患や動脈硬化の原因になりうる、というデータもあり法律で使用が禁止されて
いる国もあります。(アメリカや日本は禁止していません)

ショートニングはクッキーやスナック菓子などの材料に多く使われています。
一時は外食産業のフライドチキンもショートニングで揚げていて特にアメリカで
多用されてきました。クッキーを作ったことがある方ならおわかりと思いますが
バターだけで作ったクッキーよりショートニングを入れたほうがサクサクと軽い
食感に仕上がり、私もこのサクサク感が嫌いではありません。
やっぱりおいしい、ということもあり心のどこかで健康のことが心配でも
全面禁止が難しいのかもしれません。但しベーベ工房の取引先のいくつかの
お店ではかなり前からショートニングそのものは販売をやめたところも多いです。

まこやんのコメント欄にちょっとシビアな意見がありましたが
体に良い食べ物を一時のみのもんたの番組のように熱狂的に宣伝するのも
問題ありと思いますが、体に悪いもの、特に個人の主観や嗜好が入って
悪いとされるものについての書き方は非常に微妙で細心の注意と配慮と
客観性を持って伝えることが必須だと思います。

ショートニングは決して安全とは言えませんがかつてのチクロのように明らかな
発がん性がある、とも言えないし現に保育園のおやつのクッキーにも
ショートニングを使用しているごく普通の市販品を使っている園も多いでしょう。
いたずらに不安を掻き立てるとそれこそ子供たちの心にも波風が立つので
絶対にダメ!的に批判することには躊躇します。

牛乳は一部の人間に過酷なまでに批判されている食品です。
(牛乳アレルギーの方についてはこの限りではありません)
その中で最も私がいかがなものかと思うのが

 「牛乳は子牛のもので人間が飲むものではない」

という理論以前の感情論です。そんなことを言ったら野菜は
人が食べるために葉っぱを広げているわけではないとなるわけで。
牛乳は子牛のもので...と批判する方がさらに言われることが多いのが
「赤ちゃんは母乳だけで育てるべきで牛乳を加工した粉ミルクなんて
とんでもない」という意見。持病のためにミルク育児だった私も何人かに
言われて喧嘩になったこともありました。

個人的な意見は置いても、特に体に悪い、と思っている食品について
書く時はいたずらに不安を煽ったり、反対の立場を取らざるを得ない人
(ミルク育児など)に配慮すべきだしまして酪農や畜産を否定するような
決め付けは決してあってはならないと願っています。

私自身は安全性に気をつけますがぎちぎちではないです。
だって息子が一人だけ親の方針でおやつをもらえないような
可愛そうなことはできないから........。


 
スポンサーサイト
正統派の素晴らしさ
先日のフォーラムのパーティの料理を手がけられたホテルの総料理長に
お時間をとっていただきご挨拶に伺ってきました。
今後地元食材使用のパーティなどでオーダーをいただけることに
なるかもしれません。

総料理長は正統派のフランス料理のグランシェフです。久々に古きよき端正な
クラシック音楽に出会えたような心地よい時間をいただきました。
話が俄然盛り上がったのは私が子供の頃から親しんだ横浜のホテル・ニューグランドの
料理やお菓子がとても懐かしく好きだと申し上げてからでした。

ホテル・ニューグランドは横浜の誇る老舗ホテルでマッカーサー元帥が
ここに長期滞在していたことでも知られ、ここで修行したシェフたちが
正統派のフランス料理をホテルなどを通じて広めたという存在です。
この総料理長もニューグランドの孫弟子だということに誇りをお持ちです。
総料理長は私があそこの料理を子供時代に知ることができたことは
本当に幸せなことだと仰って下さいました。

「正統な料理を作る技術があってこそカジュアルにしても魅力のある
 料理が作れるし、正統なフランス料理は後世に伝えるべき」

という総料理長の言葉に強い印象に受けました。

クラシックで端正な料理や味を知ることは食の世界に生きるものに
とってかけがえのない財産だと思います。
仕事を離れても古き良き食文化を教えていただきたい。
そんな出会いができたことを心から嬉しく思った一日でした。

プロフィール

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。