<<04  2009,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乳製品の魅力の伝え方
先日、発酵バターのことを記事に書きました。
お友達のコメントを読んで気がついたのは、バターも牛乳も売り場でわかりやすく
魅力的な商品説明がまだまだ不足しているということです。

バターについて

例えばバター。普通のバターと違って発酵バターは日本では生産量も少ない上に高価で
高級スーパーや製菓材料専門店にしか置いていない事情もあるのでしょうが
どういう食べ方をすればいいかなどの説明がほとんどなされていません。
(私が発酵バターの使い方を知ったのは料理本からです)

私なりに説明を書いてみると

 普通のバター  →  くせのない安定した風味はお料理にも最適です。
              製菓材料としても量を使うバターケーキや溶かしバターで
              使うなら、手に入りやすい普通のバターで十分。

 発酵バター  →  エシレやイズニーなどのフランス製の高級バターは
             塗るというより乗せるというニュアンスでパンとともに
             その風味を楽しむバター。国産の発酵バターは
             こだわりのパンやケーキに用いられています。
             決して安価ではないので上級者向けのバター。

 というところでしょうか。

同じ乳製品でもナチュラルチーズは専門店やチーズ販売の資格まで設けるほど熱心な
業界の努力があり、売り場の商品説明だけではなく書籍やサイトでも魅力的な説明や
食べ方の提案がなされていて、この20年で売り上げもファンも格段に増えました。

牛乳やバターは乳製品の基本的な製品です。昔からありベーシックな生活必需品
だからこそ、きめ細かく食べ方や特質を伝える売り手の努力を望みたいと思います。

ところで、低脂肪牛乳は肥満やダイエットが気になる方に、という謳い文句を見たことが 
あるのですが逆に脂肪をバターなどで添加した「特濃牛乳」はどんな方をターゲットに
している製品なのでしょうか?飲用に向くのか料理用に向くのか、説明を見たことが
ないので、酪農家にもかかわらず私の知識は皆無です。(汗)

スポンサーサイト
本棚の料理本
あまりにも本が多くなり、一部は土蔵に収納するため本棚の整理をしました。
料理本の多さに驚きました。料理の本は間違いなく私の一部です。
70冊以上(雑誌は除く)の本で特に私が主婦として愛用して来たものは以下の通り。

 藤野真紀子 「藤野真紀子のお菓子教室」「まず一皿でごはん」
         「語り継ぐお菓子たち」「ずっとうちの味」「ごはんにしましょ」
         「イギリスで夢のようティータイム」
 脇雅世  「うちのファミリーフレンチ」「パリっ子の台所から」
 村上祥子 「毎日がおいしい工夫」「日々これ日本のごはん」
 上野万梨子 「はじめましてフランス料理」「オーブン料理」
 松田美智子「幸せのごはん」
 加藤美由紀 「ほっとするね和風ごはん」「やっぱりうちでごはん」
 ホルトハウス房子 「日本のごはん、私のごはん」
 山本麗子 「101の幸福なレシピ」「101の幸福なお菓子」
 根本きこ 「カフェごはん」
 土井善晴 「土井家の一生もん二品献立」
 堀井和子「日曜日の野菜ごはん」「日曜日の昼ごはん」
 長尾智子「長尾食堂」「アフタヌーンティーのお菓子」
 ナディヌ・ヴォジェル「母から娘へ フランスのレシピ」
 ケンタロウ 「ケンタロウの魚料理」「とびっきりのどんぶり」
 春山みどり「お菓子屋さんで買えないおやつ」
 枝元なほみ「愛の元気食堂」
 有本葉子「お気に入りの米料理」「お気に入りのアジアめん」
 平野レミ「私のとっておき料理」
 松本忠子「お弁当の秘訣」
 向田邦子の料理

12年間主婦をしている中で特に影響を受けた本たちです。
現在流行のブログ本と違いさすがにプロの本です。料理はもちろんスタイリングや
お菓子ではラッピングまで食の全てで影響を受けています。 

慣れない田舎の生活で新米主婦だった私を支えてくれた本たちです。
書き出してみると感無量です.........................。

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。