<<04  2009,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風評被害の防止
未だに感染の拡大が収まらない新型インフルエンザ。
当初は「豚インフルエンザ」の呼称でしたが、警戒水準がフェーズ5へ引き上げられた
4月30日からは新型インフルエンザ(インフルエンザA型 H1N1型)と呼称が変わりました。
この呼称変更には養豚業界や豚肉を風評被害から守るという目的もあるとも聞きますが
豚に止まらず人同士の感染がここまで拡大している以上、豚の病気だというイメージを
与える豚インフルエンザより新型インフルエンザの方が実態を正しく反映した名称でしょう。

ところで、2001年のBSE(狂牛病)発生時の異常な風評被害の教訓なのか農水省や
都道府県は比較的早くから豚肉の安全性を科学的データを示しながら説明しています。

養豚業界への風評被害防止策

ところで、私がこのエントリーを書くきっかけになったのはとある女性アルファブロガーの
記事がきっかけでした。彼女は政治や社会に対して鋭い記事を自身のブログに
書いている有名なブロガーなのですが、アメリカ嫌いと私から見ると食に対する
専門的な知識の不足から今回の豚インフルエンザの呼称変更も、かつての
狂牛病のBSEへの呼称変更も「自国の利益を守りたいアメリカの言いなり」
体質が原因だとあるエントリーで繰り返し述べていました。
私は2001年のBSE騒動で苦労した酪農家として、正しい呼称でマスコミ報道をして
一般生活者に正しい知識を伝えてゆくことは「事実を正確に伝える」ことで
アメリカに迎合することと全く別次元の問題だと思っています。

例えばBSEという用語。これは牛海綿状脳症を示す英語の

 Bovine Spongiform Encephalopathy 

の頭文字をとったものでこの病気の症状を的確に表しています。
狂牛病」(Mad Cow Disease)より遥かに正確に事実を伝える単語だと
思います。ウィキペディアで2001年の日本でのBSE騒動に関して非常に
興味深い一文がありましたので引用させていただきます。

記事ではBSEが風評被害など社会問題化したのはマスコミが一般生活者に迎合した
報道をしたことが原因だとした上で

 「原因と対策」による食の安全管理より「感情と対応」による安心対策が優先
 することになり生活者の食に対する自己啓発は停滞し....

と非常に鋭い分析をしています。

今回の新型インフルエンザは豚肉の風評被害以前に自分への感染が不安な状況
ですしBSEの時のような過剰な報道はされないと思いますが、それでも
朝日新聞に大きく大手牛丼チェーンの豚丼がメキシコ産豚肉を使用しているので
当面自粛すると掲載されていました。消費者行政担当大臣はこの会社を
「風評被害の原因になる」と批判していますが、こういうことを大きく新聞に載せる
メディアの体質も問われるように思います。

農業生産者や流通業者に都合の良い情報だけを報道するという大本営発表は
決してあってはなりません。しかし安全性が科学的に実証されたことについては
いたずらに自粛などの報道は控えるべきだと私は思います。
近代の戦争は情報の戦争ともいわれますが正しい食の危機管理もまさしく
戦争なのだと新型インフルエンザの報道を読みながら考えています。

スポンサーサイト
夏の牛乳になりました
4月の後半からまだ肌寒い日もありますが、初夏のような陽気の日も増えて
牛の体も「夏仕様」に変わってきたようです。
つまり乳脂肪分が低く薄い味の夏の牛乳を出すようになったのです。
月に3回データが届く組合の検査結果の数字を見るまでもなく同じ量の牛乳から
できるチーズの数が少ない(歩留まりが悪い)のですぐわかります。
注文になるべく対応できるように寒い時期よりも多目の牛乳をバルクから取って
チーズを作りたいと思います。

最近は牛乳のパックにグラフで一年を通しての乳脂肪分の平均値を表示しているので
一般の消費者も牛乳の成分が季節によって変わることが一目でわかるようなり
牛乳の知識の普及に一役買ってくれています。
ベーベ工房を始めて間もない頃はお客様に時々質問の電話をいただき説明を
していたので随分変わったと実感しています。

野菜や果物(最近はハウス栽培も多く季節感が薄れたと言われますが)と違い
牛乳は一目で季節がわかるわけではありませんが、味やそしてチーズを作る
主人の手から季節の移ろいは確かに伝わっています。

東京の老舗の葉茶屋の若奥様のお友達からメールをいただきました。
そこには

「GWの頃は新茶の季節で仕入れなどでお茶屋は忙しくしています」

と記されていてまぶしい若葉が目に浮びました。
食べ物を通じて四季を感じて味わうことは生命力を感じ、だけどとても繊細な
喜びを感じさせてくれることを実感させてくれたお友達の一文でした。

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。