<<03  2009,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テレビのない宿について
数年前から地方にあり豊かな自然と本格的な郷土料理が自慢の旅館やホテルで
テレビや電話を部屋に一切置かないということが「売り」のところが増えました。
置かない理由は

 ① ここに来た時くらい日常の煩雑さを忘れて欲しい
 ② 自分たちが手がけた部屋や料理をテレビなどを見ることなく楽しんで欲しい

というものが多いようです。

旅行ジャーナリストによっては「日本もこんなに豊かなバカンスを提唱できるようになった」
と絶賛している方もおられますが私はテレビや電話(所によっては時計も)を置かない
宿の姿勢に少し疑問を持っています。

こう考えているのは私だけではないようで、ずっと以前有名な作家がこのような宿に
正面から疑問を投げかけていたのが印象に残っています。曰く

 ① 例えば政治家などVIPと言われる人ほどバカンス中でもきちんと情報が入る
   環境が絶対に必要なこと

 ② 自分の宿に滞在中は外界の情報はすべて「雑音」というのはいかがなものか

というもので何故か強く印象に残りました。

個人的にはテレビを部屋にそのまま置くのが美意識に叶わないなら、収納棚の中に
設置するとか少なくとも社会の情報から故意に隔絶しないで欲しいと思います。

旅館のテレビといえば私には忘れられない出来事があります。子供が生まれるまで
毎年行っていた京都での定宿「田舎亭」。

田舎亭HP

2002年に夕食のため祇園に出かける前に部屋でニュースを見ていた私の目に入った
ニュースは田中耕一さんのノーベル化学賞受賞のニュースでした。
この年は数日前に小柴教授が物理学賞を受賞したばかり。連日のノーベル賞受賞、
私より少し年上のサラリーマン、しかも田中さんの会見会場は同じ京都の
島津製作所ということで忘れられない印象を残しています。
京都であの第一報に接することができたことは本当に嬉しいことでした。
特に一人旅だと案外と夜遅くは手持ち無沙汰になることもあるのですが私が
旅行中の時間の使い方のセンスがないのでしょうか?

多分、これからも私は普通にテレビや電話くらい置いてある旅館やホテルを愛用すると
思います。情報の大切さ云々以前に旅行に行ったときくらい誰にも何かを押し付け
られず気楽にのんびり過ごしたい。いくら立派なお部屋とお料理でも
「ここにいる間はテレビなんて俗っぽいものは見るな」と言わんばかりの主人の
信条に押しつぶされそうになるのは苦手だからです。

一言でいえば私が無粋な俗人だからこそなのですが。(笑)
スポンサーサイト
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。