<<10  2008,11/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Nature.Seasons.Wine&Food
この記事は独立したスローフードのカテゴリに入れておきます。
タイトルはイタリアのピエモンテ在住の、翻訳家として活躍されるAogyさまのブログです。
題名のようにイタリアのオーガニックワインのことや食文化のことなど、非常に高いレベルの
知識をもとにした読み応えがありかつ美しい写真から、イタリアの食や農業のことを生き生きと
Aogyさまが伝えてくださっています。

Nature,seasons,Wine&Food

そして、何にもましてこのブログをお薦めしたい理由はAogyさまが実際にスローフードの
活動をしている現地の生産者やジャーナリストたちとの関わりや、ご自身の情熱と分析力と
語学力でわかりやすく伝えてくださる、最新のスローフード関連の記事の資料性の高さです。

例えば最新のエントリー11/14の「味の方舟のプロジェクトが前進」という記事では、つい先日
味の方舟(絶滅に瀕している食や種などを守ってゆこうという運動)が選ばれた生産物に
スローフード協会が認定したマークをつけることを決定した、という非常に画期的な
ニュースをまさしく速報で書いておられます。

先日私はスローフード運動にいささか懐疑的であるという記事を書きました。
それに対しコメントで現在の現状を織り交ぜつつ、貴重なコメントをお寄せいただいたのが
Aogyさまでした。それがご縁でお互いにコメントやメールのやりとりをさせていただくように
なったのですが、イタリアでの地産地消の問題、イタリアの農家も実はフランスのAOC制度の
ようなものをイタリアでもやって欲しいと願っている方が多い、という日本にいる限りは
わからなかったであろうイタリアの農業の現在を教えていただきました。

日本では2000年~2002年は雑誌「エスクァイア」が一冊まるまるイタリアのスローフードの
特集を組んだり、雑誌「ソトコト」も一時は編集部内に支部を置くほどのスローフード熱でしたが
最近は未曾有の出版不況もありスローフードを特集することもなくなりました。
また各地の支部もそれぞれの方針があり、私が求める「考えるための資料」という
面で疑問があったのでスローフードも進化しているという生きた情報が入らなくなっていました。
(生産者の私が求めていたのはグルメ情報ではなかったのです。)

マスコミが特集する機会こそ少なくなりましたが、スローフード運動の根底にある考え方は
むしろ地方で実際に農業の現場を知り、考える知性と感性を持つ行政の農政担当者や
JAの幹部によって根付いてきているように思います。(群馬でも先日の地産地消フォーラムの
ゲストは日本にスローフードという言葉を紹介された島村菜津さんでした)
イタリアと日本はそれぞれ事情がありあるいは価値観の相違を感じることもあると思いますが、
作ること、売ること、食文化のこと、など考えるきっかけとしてスローフードはやはり意味が
あるようにAogyさまのブログやコメントから感じ取ることができたのです。

また、今後(私のワガママなコメントでのお願いもあるのですが)Aogyさまはスローフードの
大切な情報をブログで翻訳してお伝えくださるお考えもあるようです。これは嬉しい!
貴重な資料としてこのサイトを紹介させていただきました。
スポンサーサイト
リコッタチーズのほろ苦コラボ
ベーベ工房のリコッタチーズはモッツァレラを作る時にできるホエー(乳清)に牛乳を
加えて作ります。クリームを加えるものよりさっぱりと召し上がっていただけると思います。

レシピカードにもご紹介したように一番お薦めの食べ方はケーキのように切り分けて
お好みのジャムやメープルシロップなどを添えてデザート感覚で召し上がっていただくこと。
イタリアではラザニアなど本格的な料理の材料に使うリコッタチーズですが、初めてリコッタ
チーズを召し上がるお客様に質問された時は、手軽に食べ方をご案内させていただいています。

リコッタはほのかな甘みがありますので、個人的には少しほろ苦いマーマレードやジャム
そしてほんの少しのブラウンシュガー+ココアパウダーなどの「ほろ苦コラボ」が
好みです。お薦めのマーマレード類を書きますと

 フォートナム&メイソンのサー・ナイジェルヴィンテージマーマレード(かなりほろ苦)
 ダッチーオリジナル・クレメンタインマーマレード(チャールズ皇太子の有機ブランド)
愛媛県西予産の国産ネーブルマーマレード
 そしてブログで紹介して下さった方がおられた私の地元産のゆずジャム。   などなど。

それと是非お試しいただきたいのが、カラメルソース。プリンでおなじみのカラメルです。
砂糖と水を同量、小鍋に入れて少し煮詰めて作ります。手早くやらないと飴になるので
ご注意を!いずれにしてもほろ苦いジャムなどを添えることで少し大人っぽいデザートに
なりますのでお薦めレシピとして書きました。

リコッタチーズはお豆腐感覚の新鮮さが命というチーズです。
一番おいしいのは作り立てで湯気が立っているものですが、これは一般には無理ですね。
フランスにはAOC認定を受けた、コルシカ産のブロッチュという山羊の乳で作るリコッタと
同じようなチーズがあります。ナポレオンの母は故郷のコルシカから、息子の出世で
パリに出ましたが、どうしても新鮮なブロッチュが食べたくてパリに山羊を連れてきたと
いわれています。
おいしいものを食べたいと思うこの根性!さすがに皇帝の母上です。
毎週水曜日に作るベーベ工房のリコッタチーズを私は湯気の立っているうちに一口だけ
味見をしています。これってナポレオンの母上並の贅沢?(笑)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。