<<04  2008,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その後の人生.
大学時代はラグビーの試合を時々観戦していました。
特に人気の早明戦。自分の学校でもありますので毎年行っていました。
私が大学時代は、特に大学ラグビーの人気が最高潮に達した時でした。

 早稲田には 本城と吉野の黄金のバックス。
 明治には  重戦車FWとバックスには小林と若狭。
 同志社には 大八木にあの平尾。

私はW杯でオールブラックスなどの圧倒的な強さを目にしてから、日本のラグビーに関心が
薄れてしまい、めったに最近はTV観戦もしなくなっていました。
そんな中、2005年の秋、朝日新聞の土曜日の経済などの別刷りの「フロントランナー」という
シリーズに「角日出夫」という若き社長が大きく出ていました。
見たことのない名前の写真の下には、新日鉄釜石の真紅のジャージーを着てトライを決める
彼の若き日の写真が出ていました。
旧姓 小林日出夫。

私は思わず「あっ!」と声を上げていました。(笑)
あの明治の名SOの小林さんだ..........。
何回も国立競技場で歓声を送った.......。

小林日出夫と言えばラグビーファンならご存知の大スターでした。
目黒高校~明治大学~新日鉄釜石で全て主将を務め、全てで日本一になっておられます。
もちろん日本代表でした。大学で私の1学年上で、1年生からレギュラーでした。

現在、1987年に首の故障で現役を引退後、奥様のご実家に婿養子となり義父の興された
「チタカインターナショナル」を率いられる社長として成功しておられます。
「パステルのなめらかプリン」の会社といえばご存知の方も多いのでは?

彼が1997年に義父から社長を譲られた時、会社の経営状態は大赤字の最悪状態。
銀行も手を引いたところがあったようです。
それをかつてのスター選手が徹夜で再建策を練り、全てのお店を回ってコミュニケーション
を従業員と図り、早くも翌年には黒字に転換。
なめらかプリンのヒットもあり右肩上がりの成長を続けています。

インタビューに答えて、彼は「新日鉄時代に決算書の読み方、報告の仕方など先輩に
しっかり教えてもらったから社長業が務まった」と語っています。
V7戦士としてラグビーも頂点を極めながら、しっかり仕事もなさっていた姿勢に感動しました。
彼は現在は、ラグビーとは(スポンサーになる以外は)関わっておられません。
完全に実業家に転進されたのです。

あの頃、ラグビーはアマチュアしかなく、名選手といえど社会人になればサラリーマン。
角社長の他にも、所属の会社で重役に出世された方もおられます。
テニスの伊達公子さんのような生き方も好きですが、その後の人生を努力で成功された
ラガーマンたちは本当にカッコイイ!と驚嘆しています。

早稲田の大スターだった本城和彦選手はサントリーへ。7人制ラグビーの監督もされました。
仕事ではサプリ飲料の「ダカラ」のあのひょうきんなCMを手がけられ商品を大ヒットさせて
おられます。

あの大声援に包まれた早明戦。二人の大スターが食の仕事をやっておられ、スタンドから
友人と歓声を送っていた私も食の仕事をしています。人生は本当に面白いです。


  
スポンサーサイト
育成牧場へ.......。
5月14日に3頭の去年生まれた若い牛たちを、浅間山のふもとにある県の育成牧場に送り
出しました。約1年後に向こうで種付けをしてもらいお腹に子供を宿して帰ってくる予定です。
全ての若い牛を預けているわけではありませんが、毎年何頭かは育成牧場にお世話に
なっています。
メリットは何といっても夏場は広々とした牧草地を歩いてたっぷり青草を食べられることです。
浅間牧場帰りの牛は足腰がしっかりしている気がします。

水曜日に農協が大型トラックで牛を運ぶために来てくれました。
3才の息子は、朝食の後保育園に行くまで牛舎で遊んでいるのですが、牛を運ぶのを見て
  「ママ、モーちゃんお肉になっちゃうの?」と不安げ。
私が「お山の牧場で育ててもらうんだよ。来年帰ってくるから大丈夫」というと安心して
保育園に行きました。

夏の暑い時期も浅間の麓は朝晩かなり涼しくしのぎ良い気候です。
以前、我家に来られたお取引先のバイヤーさんが、主のいない子牛用の独房をご覧になり
「あそこの牛はどこに?」と質問されました。
私が、「ちょっと山に避暑に行っております」とお答えしたら爆笑されていました。

今年ももうすぐ暑い夏がやってきます。育成牧場の牛が羨ましい...........。(笑)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。